コラム

「トランプ・エイリアン」に食い破られる共和党の悲鳴

2022年12月03日(土)17時36分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

©2022 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<米中間選挙で共和党が大勝を逃した「戦犯」となったトランプ前大統領。それなのに、来年の大統領選に立候補を表明。保守層に距離を取られてもなお『エイリアン』のごとく身内を食い破る>

新大統領就任後の最初の中間選挙では与党が議席数を大幅に減らす。これがアメリカ政界の鉄則だ。この100年での例外は、対テロ戦争中だったブッシュ政権と大恐慌中だったルーズベルト政権の時だけで、今回が3回目だ。それも大恐慌や戦争と並ぶ、国家的な危機に直面しているからだった。その名もドナルド・トランプ。彼から国を守ろうと、有権者は民主党に票を入れたもようだ。

今回の選挙の114の激戦区のうち、トランプが支援した候補は事前予測された得票率を5ポイント下回った一方、非トランプ系の共和党候補は2.2ポイント上回った。つまりトランプの支持が共和党の足を引っ張っている。激戦区ではなく最初から圧倒的に有利な「勝馬」に乗ったときは勝てているが、接戦で勝てるかもしれなかった「馬」でもトランプが乗った瞬間、ことごとく失速しているのだ。まあ、ジョッキー体形ではないし。

そんな破壊王のトランプが中間選挙の1週間後に2024年大統領選挙への立候補を宣言した。共和党にとってはかなりのショックで、一部の政治家や保守系メディアはトランプの判断を厳しく批判している。党内で反トランプの風が、前回出馬を宣言した2015年以来、最も強く吹いているようだ。

全国民や一般の共和党支持者に立候補の賛否を問う世論調査は行われていないが、トランプの成人した子供たちで立候補に賛成しているのは25%だけのようだ。なぜなら、4人いるなか、出馬宣言の会場に顔を出したのは次男のエリックだけだ。

有権者は「トランプ・チルドレン」を、トランプのチルドレンはトランプ候補を否定しているようだ。でもトランプは空気を読まない。ライバルとなり得る共和党の有力候補を既に攻撃している。党にとっては、ホラーに満ちたシナリオだ。

風刺画ではそんな状況を、映画『エイリアン』を彷彿させるえぐいシーンで描いている。しかし、同作とは事情が違う。あの映画では人間が異生物に襲われて仕込まれた幼体からモンスターが生まれた。こちらは陰謀説を受け入れ、性的少数者や移民などへの恐怖や怒りをあおり、メディアと政府を敵視する近年の共和党が自ら生んだもの。日本語で言う身から出たさびだ。 

あっ、さび......! やっとトランプの顔色の謎が解けた!

ポイント

WHO'S READY FOR 2024?!
2024年の準備はいいか?!

ゾウ
共和党の象徴として頻繁にメデイアに登場する。19世紀の
風刺画家トーマス・ナストが民主党を象徴させたロバと共に頻繁に
自作に描き、定着したとされる。

プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、ロシアに大規模追加制裁 500超の団体・個人 

ワールド

中国国家主席、経済政策会合主宰 製造業支援を協議

ビジネス

中国、外資誘致へビジネス環境最適化へ=国営メディア

ビジネス

中国証券当局、信頼回復へ不正に厳罰 トップ交代後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story