コラム

提携ブランドからも切られた、相変わらず学ばないYe(イェ)ことカニエ

2022年10月31日(月)12時34分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
カニエ・ウェスト

©2022 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<白人至上主義団体KKKが広めた運動「White Lives Matter(WLM)」のTシャツを着た炎上王者カニエ。自分が何をやっているのかも理解せず、教訓もいつも学ばない。この人につける薬はあるのか?>

Ye(イェ)に改名したラッパーのカニエ・ウェストと前大統領ドナルド・トランプはマブダチ。黒人の権利を訴えるBlack Lives Matter(BLM=黒人の命は大事だ)運動をもじって、風刺画では「〇〇Lives Matter」と、お互いが大事なものを書いたTシャツを見せ合いっこしている。

【関連写真】物議を醸したウェストの「ホワイト・ライブズ・マター」Tシャツ姿

トランプはMy T-shirt is better!(僕のTシャツのほうがいい!)と言っているが、本当はトランプシャツのほうが圧倒的にひどいことが書いてある。

だが、ファッションショーで実際にこのシャツを着て騒動になったのはカニエのほうだ。「なぜWhite(白人)Lives Matter(WLM)シャツを着た?」と聞かれて彼は「(白人の命が)大切だから」とごく当たり前のことしか答えていないのに批判された。

確かに大事だよね。白人の1人として僕もそれをぜひ忘れないでほしい。なんでそんなメッセージを発信するだけでたたかれるのか? 不思議に思う人も多いかもしれない。

その答えは現状を知ると見えてくる。アメリカで黒人は白人より2.5倍高い割合で警察官に殺されている。警察に殺された丸腰の人は黒人が白人の2倍多い。データを見れば、警察による黒人への暴力の度合いは白人より圧倒的に多いことが分かる。

忘れられている黒人の命の大切さを思い出させるのがBLM運動。一方、WLMは最初から大事にされている白人に焦点を引き戻すことで、BLMを打ち消そうとするもの。

「女性の社会進出を!」に対して「男性の社会進出を!」、「地球を救う!」に対して「火星を救おう!」、「弱者を守ろう!」に対して「若く元気な先進国のお金持ちを守ろう!」と主張するのと同じ構造だ。

男性も火星も前澤友作さんも大事だが、そこに注目すると本当の弱者救済を邪魔することになる。「前澤さんを守ろう!」Tシャツがあったら欲しいけど。

そもそもWLMは白人至上主義団体KKKが広めたもの。それでもカニエはWLMシャツを着る。奴隷制度の象徴である南北戦争時の南部連合軍の旗をあしらったジャケットも羽織る。トランプ支持の帽子もかぶる。もちろん毎回たたかれる。

ついに提携ブランドから契約を切られ、SNSからは追放された。なんでも身に着ける彼も教訓だけは身に付かないようだ。

ポイント

LYING, QANON, INSURRECTIONIST, MISOGYNIST, XENOPHOBE, WHITE SUPREMACIST LIVES MATTER
嘘つき、Qアノン(陰謀論者)、暴徒、女性差別者、外国人差別者、白人至上主義者の命は大事

プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:クリスマスの晩餐へ必死の節約、東欧で跳ね

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 10

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中