コラム

トランプほど危険に見えない「許容範囲のトランプ」とは?

2022年10月18日(火)13時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
デサンティス知事

©2022 ROGERS–ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<科学的根拠のないコロナ治療法を激推し、LGBTQ(性的少数者)を認めず、民主主義を否定する、フロリダ州デサンティス知事。やっていることはトランプと同じでも、危険視されないのはなぜ?>

フロリダ州のDeSantis(デサンティス)知事はトランプ前大統領と一緒で保守派を熱狂させるパフォーマンスがうまい。が、トランプと違って、大手SNSから排除されていない。訴追も捜索もされていない。ハロウィーンのかぼちゃと同じ肌の色でもない。だから「許容範囲内のトランプ」と評する人もいる。

風刺画は、9月にフロリダで猛威を振るった大型ハリケーンIan(イアン)にちなんで、暴風対策として窓に張られる板にGo away, ○○!(○○消えろ!)と書き、各種の「脅威」から州民を守るデサンティスの政策を紹介している。1つずつ見ていこう。

まずはLGBTQ(性的少数者)。デサンティスは学校で性的指向についての教育を禁じる、通称「ゲイと言うな法」を導入し、未成年の性転換手術も禁じようとしている。窓の板は性的少数者を「クローゼット」に閉じ込める効果もありそうだ。

次にCRT。社会の中の構造的な人種差別を考えるCritical Race Theory(批判的人種理論)のことだ。デサンティスはCRTの学校での指導を禁じた。そもそもフロリダの学校では教えられていないのだが。この板を張ると、歴史や制度の反省点も見えなくなりそう。

そしてVoting Rights(投票権)。デサンティスは郵便投票などを制限する法律を成立させたが、黒人などの投票を抑制するとして裁判で違憲だと認定された。一方、イアンの被災地では投票制限を緩和! 共和党員の多い一部地域のみでね。投票抑制という板で、政治的な風向きから自らを守るつもりかな?

さらにScience(科学)。専門家の見解を聞かず、科学的根拠のないコロナ治療法を激推しする。「気候変動」という表現自体も温暖化対策も嫌がるが、いくら板を張って遮断しても、イアンはその「不都合な真実」をえげつない力で見せつけた。

最後はImmigrants(移民)。州内から移民を集めて北部の州まで飛行機で運ぶパフォーマンスで反移民の姿勢を鮮明にした。窓だけでなく、アメリカの玄関口にも板を張りたいようだ。

社会的弱者、民主主義、そして科学をも拒否する数々の「板」を張るデサンティス。信じ難いことに、それが人気の秘訣で、次期大統領になる可能性も! いたたまれないね......。

ポイント

I SEE GOVERNOR DESANTIS IS PREPARED FOR THE HURRICANE!
デサンティス知事のハリケーン対策はばっちりのようだ!

CRITICAL RACE THEORY
米社会の法律や制度には人種差別が組み込まれているとする批判的学術理論。近年保守派の標的となり、各州でこれについての教育が禁止されている

プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米欧のウクライナ武器支援、ロシア国防相が事態エスカ

ビジネス

EUが「永遠に残る化学物質」禁止案、業界に代替物確

ビジネス

中国の高級品市場、昨年10%縮小 今年は回復へ=調

ビジネス

訂正(会社側の申し出)ソフトバンクG、10─12月

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中