コラム

「胸元ばっかり見ないで!」 中絶議論から有権者の目をそらしたい米共和党

2022年10月04日(火)18時22分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
米共和党(風刺画)

©2022 ROGERS–ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<これまでさんざん「中絶禁止」を選挙でアピールしてきた共和党だが、今回の中間選挙では反発が強まりすぎてビビり始めている?>

Hey, my eyes are up here!(ねえ、私の目はこっちよ!)とは、女性が胸元を凝視する男性に注意するときの文言......らしい。言われたことないから分からないけど......。

今、アメリカの有権者の多くはBan Abortion(中絶の禁止)に注目しているが、共和党(風刺画のゾウ)はそれが中間選挙で自らに不利だと判断し、みんなの目線をそらそうとしている。

結構大胆な方向転換だ。約半世紀も前から、共和党は人工妊娠中絶という国論を二分する争点をうまく利用してきた。歴史的に民主党支持者が多かったカトリック教徒を自党に引き込み、福音派も熱狂させるためには便利な選挙対策だった。レーガン以降、共和党の大統領たちは中絶禁止の実現を目標に、中絶の権利は憲法で保障されているとした1973年の最高裁判決を覆すべく、保守派判事を指名し続けてきた。

一方、各州では共和党多数派の議会が中絶禁止法や中絶治療へのアクセスを制限する法規制を多く成立させている。2011〜19年に479もの規制が成立しており、共和党の政治家はそれを自慢してきた。つまり、「中絶禁止」が胸元であれば、共和党は、それを叶姉妹並みにアピールしてきたのだ。

ついには今年6月、保守派判事が73年判決を覆し、中絶を禁止する法律ができるようにした。Ban Abortionが掛け声ではなく、実体を伴うものになった。これがシャツをまくり上げたぐらいに目線を胸元に引き付ける効果を見せている。その結果、中間選挙が混沌状態に。通常なら中間選挙は野党(今回は共和党)に有利なはずだが、中絶の権利を守ろうと多くの女性が立ち上がり、新規の有権者登録の数も急増している。

これに共和党がビビりだし「いやいやInflation(インフレ)に注目してよ~!」と、与党民主党の弱点に視線をずらそうとしている。

しかし、共和党員の1人がやらかした。大物上院議員のリンゼー・グラムが9月、全米で妊娠15週以降の中絶を禁止する新しい連邦法を提案した! つまり、乳房に飾りを着けてぐるぐる回すぐらい胸元を目立たせたのだ。ストリップでおなじみのあのパフォーマンスはさすがに目が離せない......らしい。行ったことないから分からないけど......。

ポイント

中間選挙
4年に1度、米大統領選から2年後の11月に実施される上下両院議員の選挙。歴史的に政権与党が逆風にさらされる傾向にある。

有権者登録
米市民が選挙で投票するためには各州で有権者の資格を得る必要がある。登録手続きは州によって異なるが、マイノリティーに不利な制度への批判も起きている。

20221206issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年12月6日号(11月29日発売)は「台湾半導体 王国に迫るリスク」特集。急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国の野心から台湾を守るこの「シリコンの盾」に黄信号が灯る――


プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

サッカーW杯関連株が再び上昇、日本の決勝T進出決定

ワールド

ペルー議会、カスティジョ大統領の弾劾手続き開始 3

ビジネス

11月カナダ製造業PMI、4カ月連続で50下回る 

ビジネス

インフレと中国景気減速がアジアのリスク要因=IMF

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中