コラム

トランプ元弁護士コーエンの復讐ドラマ(パックン)

2019年03月26日(火)16時15分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプ元弁護士コーエンの復讐ドラマ(パックン)

Political Theater of Michael Cohen / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<トランプの数々の悪事を暴露した元顧問弁護士コーエンの議会証言に対して、共和党議員は事実確認より攻撃に専念した>

ベトナムで米朝首脳会談が行われていた最中に米下院議員たちは、ドナルド・トランプ大統領にとって北朝鮮の金正恩よりも脅威となる男と話し合っていた。トランプの元顧問弁護士でフィクサーのマイケル・コーエンだ。ロシア疑惑などについての7時間にわたる議会証言は各局が生中継し、人気ドラマより多くの視聴者をとりこにした。

それもそのはず。コーエンは大統領を「ペテン師で詐欺師」とし、数々の悪事を暴露した。トランプは大統領選の間もモスクワにトランプタワーを建てる計画を進めていた! それを否定する虚偽証言を私に促した! ロシアの工作員がハッキングで入手した民主党のメールをウィキリークスが公表すると知って喜んでいた! 不倫相手のポルノ女優への口止め料の支払いと隠蔽を私に命じた(ここで物証となる小切手の写しを提示)! トランプに関連する捜査はロシア疑惑のほかにも複数続いている!

ネットフリックスの法廷ドラマ2シーズン分ぐらいの内容を、たった7時間で伝えた。それは見るよね。

でも、こんな衝撃的な証言を受けても、共和党(GOP)議員たちは事実確認よりもコーエンへの攻撃に専念した。ワシントン・ポスト紙の分析によると、共和党議員の質問の中で真相を追及しようとしたものはたったの8%。公聴会や民主党への批判は20%で、コーエンへの個人攻撃は69%だった。

危ない作戦だ。もちろん、コーエンは超悪い人。10年以上、金融機関をだましたり、トランプの敵を恐喝したり、捏造や虚偽証言をしたりした、収監寸前の犯罪者だ。しかし、そんな悪い彼に悪いことをさせたボスも当然悪いはず。

ある議員に「おまえは病的な嘘つきだ!」と言われたコーエンは、「すみません、私のことですか? 大統領のことですか?」と返した。また「私の過ちは全部認める」が、「国民が聞きたいのはトランプのことなのに、トランプに関する質問は1つもないのか」と、共和党の作戦を丸裸にしてみせた。

なかでも一番の反撃は風刺画にあるようなシーン。攻撃してくる共和党議員に向かって「私はあなた方がしているのと同じことを10年間やりました。トランプをかばい、トランプに従うことで全てを失った。私のように、何も疑わずにトランプについていく人も同じことになる」と鋭い警告をした。

このドラマ、シーズン3が早く見たい!

【ポイント】
IS IT HARD TO SLEEP AT NIGHT KNOWING YOU'RE A SLEAZY MOB-LIKE FIXER FOR TRUMP?
自分がトランプのために働く下品なマフィアのようなフィクサーだと知って、夜も眠れないのでは?

YOU TELL ME.
こっちが君に聞きたいよ。

<本誌2019年03月26日号掲載>

※3月26日号(3月19日発売)は「5Gの世界」特集。情報量1000倍、速度は100倍――。新移動通信システム5Gがもたらす「第4次産業革命」の衝撃。経済・暮らし・医療・交通はこう変わる! ネット利用が快適になるどころではない5Gの潜在力と、それにより激変する世界の未来像を、山田敏弘氏(国際ジャーナリスト、MIT元安全保障フェロー)が描き出す。他に、米中5G戦争の行く末、ファーウェイ追放で得をする企業、産業界の課題・現状など。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!