コラム

トランプ政権、首席補佐官の座はまるで拷問(パックン)

2019年01月12日(土)17時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプ政権、首席補佐官の座はまるで拷問(パックン)

Trump's Iron Maiden (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<主要ポストがどんどん辞めるトランプ政権では、首席補佐官の後任がなかなか見つからない。無傷では出られないこのポストは中世の「拷問」と同じ>

米大統領の右腕である首席補佐官(chief of staff)が18年末にまた辞任した。ドナルド・トランプが大統領になってから2人目の交代だが、今回は制御不能なトランプにあきれたジョン・ケリーの後任がなかなか見つからなかった。まずはペンス副大統領の首席補佐官を務めるニック・エアーズに声を掛けたら、断られた。ちなみにエアーズが選ばれた理由の1つは、金髪の白人男で昔のトランプに姿が似ているからだという。見た目で選ばれたら困る! まあ、中身がトランプに似てるよりはいいけど。

ほかに候補として噂されていた下院議員も財務長官も通商代表部(USTR)代表も、みんな指名を嫌がっていたようだ。それもそうだ。海兵隊の大将だったケリーでも無理なら、トランプのハンドリングは誰にもできないだろう。だって、いつも独断で暴走する。国務長官が反対したのにイランとの核合意から離脱したし、国防長官が反対したのにシリアから米軍の撤退を発表した。しかも専門家が絶対にやめるように言っているのに、皆既日食のときに太陽を見つめてしまった。

首席補佐官の代わりっぷりが例外なのではない。トランプ政権の主要ポストからはどんどん人がいなくなっている。ブルッキングズ研究所によると、この2年間で実に65%も交代しているようだ。大統領との性格の不一致も多いが、スキャンダルになった人もいれば、不正で逮捕された人もいる。退任前から大統領に中傷される人もいるし、みんなトランプとの付き合いで評判に傷が付いている。

風刺画はそんな状態を「アイアンメイデン」という昔の拷問器具で表現している。いったん中に入ると無傷では出られないものだ。まさにトランプ政権と一緒。これではさすがに主要ポストの成り手は見つかりづらい。何よりも、嘘をつきまくる、弱者をいじめる、国益より自己利益を優先する、そんな大統領と一緒にされたら困る。

これは僕だけの意見ではない。トランプは同じ共和党の議員からも a terrible human being と酷評されている。そんな「ひどい人間」のために誰が働きたいだろう。実はこの a terrible human being は、2016 年のある討論会で出た言葉だ。発言者は首席補佐官代行に先日指名されたミック・マルバニー。そんな「ひどい人間」のために彼は働きたいようだ。よかったね!

【ポイント】
ALL THE BEST PEOPLE WANT TO WORK FOR ME...REALLY...THEY'LL BE LINING UP SOON!

一流の人々はみんな私の下で働きたがっている......本当だ......すぐに彼らが列をなすぞ!

<本誌2019年01月15日号掲載>

※2019年1月15日号(1月8日発売)は「世界経済2019:2つの危機」特集。「米中対立」「欧州問題」という2大リスクの深刻度は? 「独り勝ち」アメリカの株価乱降下が意味するものは? 急激な潮目の変化で不安感が広がる世界経済を多角的に分析する。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!