コラム

日本の警察から「DV」を学んだ中国人

2018年12月26日(水)18時00分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)
日本の警察から「DV」を学んだ中国人

No Country for Women (c)2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<多くの伝統文化を失った中国だが、なぜか1000年前から続く「家庭内のいざこざは外に漏らすな」という古臭い考えはいまも残っている>

「交際相手に暴力を振るうと、本当に逮捕されて法的責任を追及されるんだ!」。11月、中国の俳優・蒋勁夫(ジアン・ジンフー)が交際相手の日本人女性に対するドメスティックバイオレンス(DV)で日本警察に逮捕されたニュースが流れたとき、中国人は啞然とした。

蒋は18年4月から日本に留学し、モデルの日本人女性と交際。その後、個人的な理由で女性に何回も暴力を振るった。女性は青あざや擦り傷の写真をSNSにアップした。

初めの頃、女性はヤクザと関わりがあるとか二股だったとか、根拠のない噂が中国のソーシャルメディア上に流れた。それを聞いたファンたちは「よくやった! 蒋勁夫は抗日英雄だ!」と蒋にエールを送った。しかし蒋が出頭して逮捕された後、その声は消えた。その代わりに上がったのが冒頭の驚きの声だ。なるほど、日本では家族や交際相手に暴力を振るうと法的責任を追及されるのだ。中国人の目からうろこが落ちた。

「中国は法治の国だ」と政府は自称しているが、本当は法律不全の国で国民の法律意識も低い。特にDVという家庭内暴力に対して全く法律意識がない。配偶者や交際相手を虐待しても家庭内トラブルと見なされ、警察も介入しない。こんなことで警察を呼ぶだろうかと、被害者すら通報を思い付かない。

これは「家醜不可外揚(家庭内のいざこざは外には漏らさない)」「寧拆十座廟、不毀一婚(10の寺を解体しても、1つの家庭を解体するな)」という1000年前から伝わる保守的な考えゆえ。21世紀に入ってAI革命が始まり、たくさんの文化伝統を失った中国人なのに、こんな古くさい考えだけはなぜか頭の中でイキイキと生きている。本当に不思議。

16年に中華全国婦人連合会はこんなデータを公表した。「全国の家庭の中で30%の女性がDVを受け、7.4秒に1人の割合で女性が夫に暴力を振るわれている。毎年15万7000人の女性が自殺しているが、その原因の60%以上はDV」......。

身震いするデータだ。16年に中国は「中華人民共和国反家庭暴力法」を施行したが、国家の暴力を止められないのに家庭内暴力に対処できるのか、なかなかの疑問である。そもそも人権のない国に女性の権利があるはずもない。

【ポイント】
蒋勁夫

91年湖南省生まれ。上海戯劇学院を卒業後、雑誌のモデルやドラマの準主役を務める。撮影中の事故で長期療養を余儀なくされ、気分転換を兼ねて日本に語学留学していた。

中華人民共和国反家庭暴力法
中国で初めてDVを防止する法律として制定された。心理的虐待を含む家庭内暴力を禁止。非婚カップルも対象だが同性愛カップルは含まれない。

<本誌2018年01月01&08日号掲載>

※2019年1月1/8日号(12月26日発売)は「ISSUES2019」特集。分断の時代に迫る経済危機の足音/2020年にトランプは再選されるのか/危うさを増す習近平と中国経済の綱渡り/金正恩は「第2の鄧小平」を目指す/新元号、消費税......日本は生まれ変わるか/フィンテックとAIの金融革命、ほか。米中対立で不安定化する世界、各国はこう動く。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<唐辛子、タン・シンツ>
作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!