コラム

中国サッカーを縛るサッカーくじの見えない「鎖」

2018年07月06日(金)17時00分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)
中国サッカーを縛るサッカーくじの見えない「鎖」

中国人はサッカーには熱狂するが、その動機は? (c)2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<中国人が熱狂するサッカーW杯――しかしその動機はサッカーそのものよりサッカーくじで、サッカー精神などには「無関心」>

「日本人?」「いや、中国人」「何しに来たの? 中国はW杯に出ていないのに......」

現在、ロシアでサッカーのワールドカップ(W杯)が開催されている。W杯会場に行く中国人は10万人以上。中国中央電視台(CCTV)はロシアに約30億元(約500億円)の収入をもたらすと報じている。だがW杯会場にいる中国人は、こんな気まずい質問をよくされる。

W杯会場にいる中国メディアも同じだ。日本のスポーツメディアがこんな記事を書いた。試合が近づくにつれ、メディアセンターは各国の記者たちであふれ始める。みんないい席を取ろうと先を争うなか、大声でわめき立てる中国人記者にアルゼンチン人記者がこう言った。「君の国は出ていないのに、なぜここで偉そうな顔をしているの?」

中国の男子サッカーは駄目だ。これまでW杯本選出場は02年の日韓大会だけ。それでも中国人の熱狂はやまない。競技場内の広告は中国企業だらけで、その広告総額は全スポンサー中で1位の約8億ドル。マスコット「ザビワカ」グッズも、使われているボールも中国製で、出場国どころか主催国のように見える。「今回のW杯に中国は代表チーム以外全てが出場した」というジョークのとおりだ。

もちろん、国内の熱狂も現地ロシアに負けていない。米市場調査会社ニールセンの16年の調査によれば、中国のサッカーファンは都市部だけで2億3600万人。ファンが各地のレストランやバーに集まり、ほぼ毎日徹夜で好きなチームを応援する。ただ動機はサッカーそのものよりサッカーくじだ。ブラジルW杯のあった14年、サッカーを含むスポーツくじの売り上げは1764億元(約3兆円)に達した。今年も負けないだろう。

あまりに多く購入されているため、大損した人が過激な行動を取らないよう各地の警察がSNSを通じて呼び掛けるほどだ。

どうして中国人はW杯にこんなに熱心なのに、中国サッカーは駄目なのか。習近平(シー・チンピン)国家主席も「W杯を招致せよ」と号令を掛けているのに。「偽のファンが多い。サッカーより商売やくじが大事で、サッカー精神とかには無関心」と、ある中国人ジャーナリストはため息をついた。

【ポイント】
スポーツくじ

中国政府公認のスポーツくじがある。今回のW杯開幕前後の1週間の売り上げは過去最高の約74億元(約1200億円)。一方で、闇の賭博サイトによるトラブルも横行。1次リーグでドイツがメキシコに敗れた当日には警察がSNSで「ビルから飛び降りるな」と自殺防止を呼び掛けた

<本誌2018年7月10日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

NATOは欧州防衛に不可欠=マティス米国防長官

ワールド

ブラジル次期大統領、健康上の理由でG20首脳会議欠

ワールド

米上院、サウジ支援停止法案採決の可能性 イエメン内

ビジネス

焦点:GDPから透ける外需依存の脆弱さ、大型対策実

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 7

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が…

  • 8

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 9

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 10

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 3

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 8

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 9

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 10

    【動画】ロシア軍機が米軍機をインターセプト

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!