コラム

アメリカ大統領は「最高共感官」でなくちゃ

2017年11月02日(木)11時30分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラム二スト、タレント)
アメリカ大統領は「最高共感官」でなくちゃ

©2017 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE

<米兵の遺族やハリケーン災害の被災者に共感を示せないトランプは、大統領として落第点!?>

Commander in Chief は軍の最高司令官で、米大統領の別称。風刺画の Compassioner in Chief(最高共感官)は造語だ。だが、戦死者の遺族や自然災害の被災者など、苦しんでいる国民を慰めたり、共感を示すのは大統領の大事な仕事。最近、そうした場面があったが、トランプ大統領の対応は最高だったと本人は思っているようだ。

風刺画を左から見ていくと、まずはニジェールで米兵4人が武装勢力に殺されたときの場面。トランプは遺族に電話を入れたが、妻の1人は「入隊したことで、本人は覚悟していただろう」と言われて傷ついた。大統領が戦死した夫の名前を知らなかったことで、さらにムカついたという。ちなみにトランプは6月に別の戦死者の父親に、自分の口座から2万5000ドルをあげると約束した。もちろん小切手は送ったよ。その約束が新聞に出た10月に。たまたまその日に気が付いたのか?

次は、超大型ハリケーンが自治領プエルトリコを直撃した後。トランプは現地に駆け付け、避災者にペーパータオルを放り投げて配った。失礼な振る舞いだと突っ込まれた彼は「楽しかった。彼らも楽しんでいた」と弁解(?)。1カ月たった今も島の約8割が停電中で、住民の約3割は安全な飲み水がない状態だが、トランプは政府の対応を「10点満点!」と絶賛。これにはプエルトリコの首都サンフアンの市長も「10点です」と同意した。「100点満点ならね」

最後に、58人が亡くなったラスベガスの銃乱射事件。トランプは失言も非常識な態度も見せていない! そこに驚くこと自体がおかしいけど。しかし銃規制などの再発防止策は提案していない。「ラスベガス銃乱射の犠牲者たちはアメリカで外出したことで、覚悟していただろう(The gun victims in Las Vegas knew what they were signing up for when they went outside in America.)」と考えているようだ。

どのケースも国民が亡くなっており、大統領は厳かに対応するべき。だがトランプは慰霊というより、異例の対応を見せている。トルーマン大統領の机には The buck stops here.(責任転嫁はしない)と書かれたプレートがあった。トランプの場合は The empathy stops here.「共感しない」だね。

【ポイント】
I MAKE THE BEST CONDOLENCE CALLS TO GOLD STAR FAMILIES...OBAMA NEVER WOULD'VE CALLED YOU !
「戦死者の家族にこれまでで最高のお悔やみの電話をかけている。オバマ大統領なら、あなたに電話しなかったでしょう」

WE'RE DOING GREAT IN PUERTO RICO...THEY'LL BE TALKING ABOUT MY PAPER TOWEL-TOSSING SKILLS FOR YEARS!
「われわれはプエルトリコで素晴らしい対応をしている。私がペーパータオルを投げる腕前は、何年も語り草になるだろう」

<本誌2017年11月7日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
 ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

ロイター企業調査:貿易紛争は4割に影響、日米FTA

ワールド

アングル:北朝鮮、未完成の核兵力容認し実験停止 対

ビジネス

日経平均は続落、米ハイテク株安と為替の円安とが綱引

ビジネス

世界的な貿易戦争、経済にマイナス=SF地区連銀総裁

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

人気ランキング

  • 1

    中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

  • 2

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 3

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 4

    空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

  • 5

    対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

  • 6

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 7

    世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

  • 8

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 9

    韓国で後を絶たないパワハラ事件 SNSでさらに表面化

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 10

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!