コラム

「トランプ」が民主党の勝因。そして共和党に2人の新星が登場した

2022年11月18日(金)06時30分

221122p18chartPNGmama.png

第2に、共和党に投票する理由を一般的な有権者に尋ねたら、民主党はアメリカを破壊しているからと答えるだろう。共和党が政権を取って何をするのかについては、ほとんどの有権者が答えられないはずだ。

一方の政党が大勝する選挙では浮動票、特に「教会に行かない」無党派層の支持を確実に獲得することが勝利の条件になる。

しかし、無党派層の投票基準は「否定的党派性(ある党を支持して投票するのではなく、ある党に反対するために他党に投票する)」よりも、自分たちの状況を改善できるかどうか、だ。共和党が民主党は社会主義者であると罵倒しても、効果があるとは考えにくい。

現在の共和党は事実上、不満と不安の党であり、変化の潮流に徹底してあらがっている。この実態は選挙結果にも表れている。

共和党は58%対40%で白人票の多数を獲得したが、黒人票は13%対86%、中南米系は39%対60%、アジア系は40%対58%で民主党の後塵を拝した。キリスト教福音派の間では83%対15%と圧倒的に支持されたが、それ以外は40%対59%にとどまった。45歳以上では54%対44%と多数派だったが、44歳以下では42%対55%で惨敗した。

侮れないバイデンの嗅覚

そして最後に、トランプが「党内キングメーカー」の座にこだわった結果、本選挙に向かない並以下の候補者ばかりが名を連ねることになった。

トランプの推薦は共和党の予備選では強力な武器になったが、本選挙では逆に不利になった。

実際、共和党が上院の多数派獲得に失敗したとすれば、敗因はトランプの党内予備選への介入だ。

特にペンシルベニア州(メフメット・オズ)とジョージア州(ハーシェル・ウォーカー)の候補選択は笑止千万だった。医師でテレビ司会者のオズはペンシルベニアに住んでいない上に、ひどい失言を連発。脳卒中を起こして健康面に不安のあったジョン・フェッターマン副知事に負けた。オズ以外の候補なら楽勝だったはずだ。

そして上院全体の支配権を懸けた戦いになるかもしれない決選投票の実施が決まったジョージア州。元アメリカンフットボールのスター選手ウォーカーの得票率は、同じ共和党で再選を決めたブライアン・ケンプ州知事(トランプともめたことで有名だ)の得票率より約5ポイントも低かった。もっと適切な候補者を選んでいれば、共和党は上院の多数派を問題なく手に入れていたはずだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

  • 2

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬の兄妹』が見せる今の邦画に足りないもの

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 6

    「冬将軍はウクライナに味方する」──専門家

  • 7

    これだけのビールが行き場なし! W杯ビール販売禁止…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中