コラム

次々と明らかになり始めたバイデン次期政権は「進撃の陣容」

2020年12月09日(水)17時00分
次々と明らかになり始めたバイデン次期政権は「進撃の陣容」

外交・安全保障担当の人事を発表するバイデン(11月24日)JOSHUA ROBERTSーREUTERS

<ケネディやオバマのような知力はないが半世紀におよぶ政界での経験と教訓を生かそうとする顔触れに>

2016年の共和党大統領予備選に出馬し、将来の大統領に意欲を見せるマルコ・ルビオ上院議員は、二極化した今のアメリカを象徴するようなコメントを出した。

「バイデン(次期大統領)が選んだ閣僚候補たちは、アイビーリーグの名門大学出身で華やかな経歴の持ち主だ。全ての適切な会議に出席して、アメリカの衰退を丁寧かつ秩序正しく見守るだろう」

既に2024年大統領選レースの位置取りに必死のルビオとしては、トランプ大統領の流儀を完璧に取り入れなければならないようだ。だが、11月24日にバイデンが発表した外交・安全保障担当の閣僚や主要ポストの人選は経歴・資質共に申し分ない。

まだ正式発表されていない経済・金融チームの有力候補たちも同様だ。バイデンは上院議員・副大統領として過去のどの大統領にも負けない豊富な外交経験を持っているが、政権の陣容も経験豊かな顔触れになりそうだ。ここで主な特徴をまとめてみると、主なポイントは7つある。

1. トランプ流の否定 本人が典型的なワシントンの既成政治家ということだけでなく、主要閣僚の人選で経験を重視する点でもそうだ。トランプは国務長官に石油会社のCEO(レックス・ティラーソン)を、財務長官に政府で働いたことがない元銀行マン(スティーブン・ムニューシン)を選んだ。一方、バイデンは国務長官には元国務副長官(アントニー・ブリンケン)を、財務長官にはFRBの前議長(ジャネット・イエレン)を起用する見込みだ。

2. 初物尽くし 国土安全保障長官に初の中南米系(アレハンドロ・マヨルカス)を抜擢。国家情報長官にも初の女性(アブリル・ヘインズ)を選んだ。国防長官の有力候補2人も女性で、起用が実現すればこれまた史上初になる。さらにバイデンは、気候変動問題担当特使のポストを新設した(ジョン・ケリー)。

3. 専門知識 バイデンは今回の人事発表の際、「私が知りたいことではなく、知る必要があることを教えてほしい」と言った。政府で働いた経験が長いベテランの重鎮を選んだことは、国内外の情勢が混乱の度を深めるなか、国民に安心感を与えようとする意図を強く感じさせる。

4. 自信と余裕 自身は平凡な大学に入り、そこでもいい成績を残せなかったバイデンだが、史上最高クラスの秀才を何人も部下に起用した。国家安全保障担当の大統領補佐官(ジェイク・サリバン)はエール大学を最高の成績で卒業し、アメリカ最高の奨学金を獲得してオックスフォード大学に留学した後、アメリカ最高ランクの法科大学院を卒業した。国務長官はハーバード大学とコロンビア大学法科大学院を卒業。財務長官候補は労働経済学の権威だ。さらに04年の民主党大統領候補で、オバマ政権の国務長官を務めたケリーを気候変動問題担当特使に起用した。バイデンは大物の部下を持つことを恐れていない。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

日米首脳、台湾やウイグル問題など中国巡り議論 半導

ワールド

日米首脳、台湾やウイグル問題など中国巡り議論 半導

ワールド

日米首脳会談、台湾海峡の平和と安定の重要性で一致と

ビジネス

米ダウ・S&P最高値更新、底堅い指標や企業決算で

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中