コラム

米中間選挙後の民主党がトランプ弾劾を目指さない理由

2018年10月19日(金)11時15分
米中間選挙後の民主党がトランプ弾劾を目指さない理由

共和党議員の「造反」で罷免される可能性は極めて低いが…… Jonathan Ernst-REUTERS

<民主党は2年後の大統領選に照準を合わせる――20年前のクリントン弾劾からその戦略を読み解く>

前回、アメリカ大統領が弾劾訴追されてから、今年でちょうど20年になる。98年、共和党が多数派を握っていた米議会は、個人のセックスライフについて嘘をついたことを理由に当時のクリントン大統領(民主党)を弾劾裁判にかけた。

大統領弾劾の手続きは、下院の過半数の賛成で訴追が決まると、上院で弾劾裁判が行われ、3分の2(67票)以上が賛成すれば大統領が罷免される。このとき、下院では僅差でクリントンの弾劾訴追が決まったが、上院では罷免への賛成が3分の2に届かず、クリントンは大統領職にとどまった。

もしかすると、11月の中間選挙後、20年前と同じことが起きるのかもしれない。

民主党は、トランプ大統領を弾劾訴追に持ち込むことはできても、罷免までは難しいだろう。中間選挙で民主党が下院の過半数を制する確率は高いが、上院で67議席を獲得する確率はほぼゼロだからだ。

一部の共和党上院議員の賛同を得てトランプを罷免するというシナリオも描きづらい。ブレット・キャバノーの連邦最高裁判事への指名承認をめぐる動きが浮き彫りにしたように、議会共和党は一貫してトランプを熱烈に支持している。共和党議員たちは、身内でさえあれば、どんなにひどい行為も擁護するつもりらしい(皮肉なことに、キャバノーは98年に法律家としてクリントンの追及で大きな役割を果たした人物だ)。

大統領罷免の可能性がほぼなくても、民主党が下院でトランプを弾劾訴追することに意味はあるのか。

ペンス昇格は避けたい?

この点では20年前が参考になる。98年、アメリカの有権者の過半数は、共和党がクリントンを弾劾することを支持していなかった。共和党が弾劾訴追に向けて動くなかで行われた98年11月の中間選挙で、共和党は下院で議席を減らした。その結果、一時は飛ぶ鳥をも落とす勢いだったギングリッチ下院議長(当時)が辞任に追い込まれている。

しかし、その2年後の2000年大統領選では、共和党がホワイトハウスを奪還する。当時のアメリカは平和と好景気を謳歌し、退任する民主党のクリントンが高い支持率を維持していたにもかかわらず、である。

ホワイトハウスに「栄誉と尊厳を取り戻す」と訴えた共和党のジョージ・W・ブッシュが、クリントンの下で副大統領を務めたアル・ゴアを破ったのだ。大統領に誠実さを求めると述べた有権者の間では、ブッシュ支持がゴア支持の5倍に達した。

民主党は今年の中間選挙で下院の過半数を握った場合、この歴史を見て行動を決めるだろう。トランプは、弾劾に値する行為を重ねてきたと言っても過言ではない。しかし、民主党が下院でトランプの弾劾を決定し、上院で奇跡的に罷免が決まった場合、後任に昇格するのはペンス副大統領だ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの捜査開始

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    ホロコーストをめぐる歴史問題が欧州サッカーに飛び火

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 7

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 8

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!