コラム

戦争に翻弄された写真家が、戦争に翻弄される人々を撮る

2018年09月10日(月)16時00分
戦争に翻弄された写真家が、戦争に翻弄される人々を撮る

From ZALMAÏ @zalmai

<「魔法的な光に満ち溢れていた」アフガニスタンで生まれ、難民としてスイスに渡り、写真家になったザーマイ。彼の作品には運命的な定めのようなものまで絡みついている>

時代に残る写真家の多くは、しばしば作品に自らのアイデンティティがまとわりついている。加えて、運命的な定めのようなものまで絡みついている場合もある。今回紹介するドキュメンタリー写真家、ザーマイもそうした1人だ。アフガニスタンとスイスの2つの国籍を持つ54歳の写真家である。

ザーマイは、14歳から写真に夢中になり、将来は写真家になることを夢見ていた。彼自身が「魔法的な光に満ち溢れていた」と形容する生まれ故郷、アフガニスタンの首都カブールで。

だが、その後すぐ、1979年にはソ連軍がアフガニスタンに侵攻する。本格的な戦争が始まり、翌1980年、16歳のときに彼はスイスに難民として亡命することになる。

この出来事は、言うまでもなく、彼の人生と後の写真家としてのあり方に大きな影響を与えた。地球に存在する悲劇、とりわけ戦争に翻弄される人々の悲劇に焦点を当て続けていくことになったのである。

被写体の多くは難民だ。アフガニスタンの国内避難民や、ここ数年膨大な数でEUに流出している難民たちである。ザーマイ自身の経験と、ヨーロッパの第2次世界大戦の史実――歴史的にはつい最近のことだ――も含め、難民になることは誰にでも起こり得ることだ、と彼は語る。

写真に関して言えば、どこか二律背反的な感覚が漂っている。古典的な手法で光と構図を巧みに操っているかと思えば、意図的にかシャープさを欠いたストレートで素朴な写真も多用している。とりわけ、彼にとって日記的な要素が強いインスタグラムでは、その傾向が強い。ちなみに彼のウェブサイトは、 www.zalmai.comである。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

アングル:不正操作疑惑の恐怖指数、AIなど改善策導

ビジネス

焦点:米国、日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非

ワールド

焦点:米関税免除の代償に苦しむ韓国鉄鋼界、日本と明

ワールド

米司法副長官、トランプ大統領の解任発動提案 秘密録

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    米関税免除の成功に沸いた韓国鉄鋼界 代償の割り当て枠で苦境、日本と明暗

  • 2

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが電撃退任

  • 3

    中国婚活ブームの意外な仕掛け人は共産党

  • 4

    北方領土をめぐって交錯する日本とロシアの思惑

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    沖縄県知事選挙に吹く、新しい風

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

  • 7

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 8

    自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

  • 9

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 10

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 1

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 2

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 3

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 6

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 7

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!