コラム

戦争に翻弄された写真家が、戦争に翻弄される人々を撮る

2018年09月10日(月)16時00分
戦争に翻弄された写真家が、戦争に翻弄される人々を撮る

From ZALMAÏ @zalmai

<「魔法的な光に満ち溢れていた」アフガニスタンで生まれ、難民としてスイスに渡り、写真家になったザーマイ。彼の作品には運命的な定めのようなものまで絡みついている>

時代に残る写真家の多くは、しばしば作品に自らのアイデンティティがまとわりついている。加えて、運命的な定めのようなものまで絡みついている場合もある。今回紹介するドキュメンタリー写真家、ザーマイもそうした1人だ。アフガニスタンとスイスの2つの国籍を持つ54歳の写真家である。

ザーマイは、14歳から写真に夢中になり、将来は写真家になることを夢見ていた。彼自身が「魔法的な光に満ち溢れていた」と形容する生まれ故郷、アフガニスタンの首都カブールで。

だが、その後すぐ、1979年にはソ連軍がアフガニスタンに侵攻する。本格的な戦争が始まり、翌1980年、16歳のときに彼はスイスに難民として亡命することになる。

この出来事は、言うまでもなく、彼の人生と後の写真家としてのあり方に大きな影響を与えた。地球に存在する悲劇、とりわけ戦争に翻弄される人々の悲劇に焦点を当て続けていくことになったのである。

被写体の多くは難民だ。アフガニスタンの国内避難民や、ここ数年膨大な数でEUに流出している難民たちである。ザーマイ自身の経験と、ヨーロッパの第2次世界大戦の史実――歴史的にはつい最近のことだ――も含め、難民になることは誰にでも起こり得ることだ、と彼は語る。

写真に関して言えば、どこか二律背反的な感覚が漂っている。古典的な手法で光と構図を巧みに操っているかと思えば、意図的にかシャープさを欠いたストレートで素朴な写真も多用している。とりわけ、彼にとって日記的な要素が強いインスタグラムでは、その傾向が強い。ちなみに彼のウェブサイトは、 www.zalmai.comである。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 10

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!