コラム

日本の「かわいい」と似て非なる「ピンク・カルチャー」とは何か

2017年02月15日(水)11時25分
日本の「かわいい」と似て非なる「ピンク・カルチャー」とは何か

From Petra Collins @petrafcollins

<ピンクやパステル系の色を多用し、フェミニズムを全面に押し出した新しいスタイル。その代表格、ぺトラ・コリンズの魅力は独特の耽美性にある>

ここ数年のインスタグラムの台頭とともに、写真界で新しく出てきたスタイル、あるいはムーヴメントがある。「ピンク・カルチャー」だ。夢見がちなティーンエージャーが好むピンクやパステル系の色を意図的に多用した写真スタイルである。

表面的には日本の"かわいい"文化に近いものがあるかもしれない。だが、その意図するのもの、発生形態、そして中身はまったく違う。若手の写真家あるいはアーティストたちが中心になり、彼らがこうあるべきと思うフェミニズム――たとえば「太めの女性は美しい」など――をしばしば全面に押し出しているのだ。

その代表格はニューヨーク在住のカナダ人、ペトラ・コリンズだ。彼女の写真の魅力は、そのメッセージ性に加えて、独特の耽美性にある。圧倒的なポップ性の中に時おり並列して滲み出ている退廃性である。

まだ24歳ながら、耽美性と力強さのある作品ですでに一世を風靡している。ヴォーグ誌、エル誌などで活躍し、グッチやアディダスの広告写真やビデオも手がけ、また自らモデルとしてファッションショーのランウェイにも登場している。

活動家とは自称しないが、フェミニズムというレンズを通して作品をつくり上げていっている、という。もちろん、女性のステレオタイプな価値観を打破する大きな狙いがある。その方法論として、しばしば女性の肉体を自由に解放させる手法も取っている。実際、コリンズを一躍有名にしたのは、下半身を撮影した数年前のセルフィーだった。

ヌードではない。下着姿である。ただ、アンダーヘアーがくっきりとはみ出ていた。一般に女性は、ヘアーが下着や水着からはみ出ないように手入れをしておかなければならない、という社会的通念がある。そうした男性中心社会の偏見にメッセージを送るためだった。

だが結局、その写真はインスタグラムから消され、彼女のアカウントそのものまで削除されてしまった。インスタグラムの規約を犯しているかどうか、疑問符がつくにもかかわらずだ。

とはいえ、相変わらずセクシーで、新たな女性の美の定義や価値観を模索する作品を発表し続けている。また、他の若きピンク・カルチャーの写真家、すなわち自らと同じような耽美性、新フェミニズムの価値観を持った女性たちを集めた写真グループも作っている。The Ardorousだ。

昨年、そのメンバーたちの作品を抜粋した写真集"BABE"も発売した。キュレーター、編集者としても活躍しているのである。

【参考記事】拒食症、女性器切断......女性の恐怖・願望が写り込んだ世界

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!