コラム

オート三輪トゥクトゥクがつなぐ新旧「アラブの春」

2019年12月14日(土)17時00分
オート三輪トゥクトゥクがつなぐ新旧「アラブの春」

イラクの反政府デモ活動ではトゥクトゥクが大活躍している Thaier Al-Sudani-REUTERS

<イラクの反政府デモで大活躍するオート三輪トゥクトゥクは、エジプトでも「アラブの春」を支えていた>

イラクでの反政府抗議デモは、発生から二カ月半を経て、いまだに沈静化の目途がたっていない。12月1日にはアーディル・アブドゥルマフディ首相が辞意を表明したものの、焼け石に水だ。

それどころか、デモ隊と政府治安部隊の衝突はますます激化している。タハリール広場とその脇のトルコ料理店に座り込みを続けるデモ隊に対して、政府の治安部隊は橋向こうから日々攻撃を続けるが、そこで使用される砲弾には缶ジュース並の大きさのものが使用されることもあり、頭を直撃されて死亡したデモ隊員の頭蓋骨X線写真がSNSで出回っている。催涙弾には毒性のある薬品が使用されているらしく、デモ隊には解毒処理を行うグループが活躍している。

衝突の現場で命を落とすだけでなく、誘拐、暗殺も横行する。デモ開始初期、女性の医療ボランティアが帰途何者かに誘拐され、一週間以上拉致されるという事件が発生した。最近では、イラキーヤ大学文学部の女子大生(フェースブックに猫耳の自撮写真をアップしているような女の子だ)が殺害され、追悼のメッセージが彼女の猫耳写真とともにSNSを駆け回った。有名な左派系詩人、アリー・ラーミーも、自宅を出てタハリールに向かう途中で暗殺された。国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」によれば、12月2日までの間に7人が拉致され、11月29日までに354人が死亡、8104人が負傷したが、現実にはもっと多くの被害が出ているという。

このような状況のなかで、大活躍しているのが、トゥクトゥクと言われるオート三輪車だ。電動三輪車に幌をつけて客を乗せられる簡易車両だが、もとはといえば、日本の人力車が発祥である。東南アジアに広まって人力からエンジンを載せたものへと発展し、リキシャの他、タイでトゥクトゥク、フィリピンでトライシクル、ベトナムでシクロなど、名前を変えてアジア各地に広がっている。

そのトゥクトゥクが、どのようにイラクの抗議運動で活躍しているというのか。まず、毎日発生する負傷者を病院や救護施設に送り届ける。渋滞している道でも政府側に封鎖されている道でも、三輪車ゆえの機動力を活かして、すいすい運ぶ。医療チームを負傷現場に連れていくことも、薬品を緊急に調達、搬送することも、トゥクトゥクの役割だ。即席の救急車である。

医療、薬品だけではない。広場に座り込み立てこもっている若者に、家族が会いに行くのにトゥクトゥクを使う。息子、娘、兄弟姉妹に会って無事を確認し、食糧や着替えの差し入れをして、トゥクトゥクで帰っていく。なんだかほほえましい。

そんな活躍のおかげで、この抗議運動は今やトゥクトゥク革命とも呼ばれるようになった。タハリール広場を拠点に壁アートが広がっているが、そこではトゥクトゥクが救世主、ヒーローのように描かれている。

sakai191214-tuktuk01.jpg

(中東のニュースサイト「albawaba」より)

イラクの抗議運動がトゥクトゥク革命と呼ばれるのには、さらに象徴的な意味がある。他の国でもそうだが、トゥクトゥクの運転手になるのは、それで日銭を稼ぐしかない、貧しい無職の若者だ。公式統計ではイラクで若者の失業率は18%強と言われるが、実際にはもっと多いと言われる。特に大卒、高卒なのに職がない。抗議運動に学生の参加が多い理由の一つでもある。

そうしたなかで、4,5年前からトゥクトゥクがイラクに入ってきた。貧しい若者にとって、運転者としても移動手段としてもこれは天恵だった。移動の足を持ったことで、若者はこれまで以上に簡単に移動できるようになる。仕事にもなる。彼らが人とモノを運ぶネットワークを広げたことが、今回の運動の広がりに繋がった。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。
コラムアーカイブ(~2016年5月)はこちら

ニュース速報

ワールド

インドで旅客機が着陸失敗、少なくとも15人死亡

ワールド

米、香港行政長官ら11人に制裁 自治侵害などで

ワールド

米大統領選、バイデン氏勝利予想 トランプ氏追い上げ

ワールド

日英貿易交渉、大半の分野で実質合意 月内の大筋合意

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 4

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 5

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 6

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 7

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 8

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 9

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!