コラム

それでも共和党が「トランプ離れ」できない理由

2022年12月08日(木)13時40分

注目されていたジョージア州上院選の再選挙では民主党が勝利したが…… Carlos Barria-REUTERS

<ジョージア州上院選の再選挙では民主党候補が勝利したが、その差はわずか。トランプ支持層の存在はまだまだ無視できない>

現地の12月6日(火)、夕方から夜にかけて政治的に大きな意味のある2つのニュースがアメリカを駆け巡りました。1つは、トランプ一家の経営するリゾートとカジノを中心とした企業「トランプ・オーガニゼーション」に対して、有罪判決が下されたニュースです。具体的には、脱税と業績の粉飾など17の罪状に対して有罪となり、罰金は最高160万ドル(約2億2000万円)とされています。

企業としての業績も思わしくないなかで、罰金の支払いを抱えることで経営が行き詰まるという可能性も指摘されています。トランプ側はあくまで「政治的に歪められた判決」だと抗議していますが、全米におけるトランプという存在への評価としては、明らかにマイナスになると言われています。

更に、この日に行われたジョージア州選出の連邦上院議員に関する再選挙では、民主党の現職ラファエル・ウォーノック候補が、共和党の新人ハーシェル・ウォーカー候補を破って議席を守りました。これによって、新年度の上院の勢力分布は、民主党の51議席に対して共和党の49議席となり、仮に民主党議員団に1人造反が出ても過半数を維持できることになりました。

トランプの影響力は低下?

敗北したウォーカー候補に関しては、アメリカンフットボールのNFLで12年プレーし、冬季五輪のボブスレー競技にも参加、各種格闘技への挑戦をしたり、外食や食品加工業の経営に参加したり、様々な経歴を持った一種のタレント候補と言えます。予備選では、農園主でジョージア州の農務長官を務めた保守本流のグレイ・ブラック候補が本命視されていたのですが、ウォーカー候補はテレビ討論などは無視してトランプと共に選挙戦に殴り込みをかけて共和党統一候補の座を奪ったのでした。

ただ、ウォーカー候補に関しては、予備選の当時から資質に関する疑問の声があっただけでなく、スキャンダルが多いことが話題となっていました。中絶禁止に賛成しておきながら、交際相手の女性に中絶を強いていたとか、別の女性に対してDVがあったなど、5件ほどの問題が取り沙汰されていました。

今回の再選挙では、そのウォーカー候補の落選が確定したことになります。ということは、選挙戦の敗北の責任は、無理にこの候補を「ねじ込んだ」ドナルド・トランプにあるという責任論が成り立ちます。アメリカの多くのメディアは、これでトランプの政治的影響力は更に低下するだろうという論評を掲げています。

では、このまま、トランプの影響力はスローダウンしていくのでしょうか? そう単純ではないという見方もできます。

何よりも、今回のジョージア州上院選再選挙の結果、勝ったのは民主党のウォーノック候補でしたが、決して大差ではありませんでした。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:自国に失望した中国の超富裕層、目指すはシ

ワールド

米韓、北朝鮮巡る「拡大抑止」強化でコミット=韓国外

ビジネス

米金利先物、金利5%超え予想 雇用統計後 利下げ予

ビジネス

G7と豪、ロシア産石油製品で価格上限 ディーゼルに

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 9

    やりすぎたかも......美容整形を受けた男性セレブたち

  • 10

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中