コラム

アイオワ州予備選、集計トラブルの末の勝者は誰だ?

2020年02月05日(水)16時45分
アイオワ州予備選、集計トラブルの末の勝者は誰だ?

途中経過で首位になったのは若手中道派のブティジェッジ Jonathan Ernst-REUTERS

<民主党予備選のスタートとなるアイオワ州で集計トラブルが発生、この失態で「勝者はトランプ」とまで論評される始末>

今週3日、現職のトランプ大統領へのチャレンジャーを決める民主党の予備選レースがスタートしました。伝統にならって、その初回はアイオワ州党員集会となっています。1992年にビル・クリントンが、2008年にバラク・オバマが、このアイオワでの勝利を足がかりに旋風を起こしたように、2020年も新たなストーリーが期待されていました。

ところが、今回は思わぬ展開となりました。通常、党員集会が終わるとその日のうちに大勢が判明するのですが、今回はいつまでも結果の発表がありませんでした。深夜になって、各候補はまるで自分が勝ったかのような演説をすると、次の予備選が戦われるニューハンプシャーへ移動していったのです。

党員集会の結果は、アイオワ州全体で約1700あるという会場から、今回は新たに開発されたアプリに入力することで集計される計画でした。ですが、そのアプリに不具合があって使えない事態が発生しました。さらに電話報告に切り替えたところ回線が足りなくなるなどのトラブルが重なり、得票数と獲得代議員数の数字に整合性が取れなくなり、数字の公表ができなくなったというのです。

翌日4日になって、ようやく夕方5時に数字が出ることになりましたが、途中で「出ても半分」だという情報が流れ、それが「かなりの数字は出せる」に変わり、そして夕方5時になって発表された時には「開票率は62%」となっていました。本稿は、この数字を前提に書いています。

この62%開票という時点での順位は以下の通りです。混乱を避けるために獲得代議員数ベースで並べますと、

<1位>ピート・ブティジェッジ候補......26.9%
<2位>バーニー・サンダース候補......25.1%
<3位>エリザベス・ウォーレン候補......18.3%
<4位>ジョー・バイデン候補......15.6%
<5位>エイミー・クロブチャー候補......12.6%

というのが暫定的な順位です。ちなみに、ニューヨーク・タイムズが報じた独自の調査によれば、バイデン候補は5位という説もあります。

この状況を横目で見て、大統領自身も含めて多くの人が囁いているのは、民主党は党員集会の開票もできないことを見せつけてしまい、結局この党員集会での勝者はトランプだという言い方です。残念ながら、そのような評価は否定できません。一時期話題になっていたトランプ大統領に対する弾劾裁判は、上院に進んだものの、新たに証人を喚問する決議が否決され、弾劾訴追の審理そのものが終了しようとしていますから、この「党員集会開票失敗事件」と合わせて、大統領への追い風となっているのは事実です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

米、コロナ制御に失敗 経済の不確実性高い=連銀総裁

ワールド

WHOのコロナ起源検証「完全なまやかし」に=米国務

ワールド

米、ファーウェイなど中国IT企業にビザ制限も=国務

ワールド

スペイン・バルセロナ、制限措置再導入を検討 コロナ

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!