コラム

アイオワ州予備選、集計トラブルの末の勝者は誰だ?

2020年02月05日(水)16時45分
アイオワ州予備選、集計トラブルの末の勝者は誰だ?

途中経過で首位になったのは若手中道派のブティジェッジ Jonathan Ernst-REUTERS

<民主党予備選のスタートとなるアイオワ州で集計トラブルが発生、この失態で「勝者はトランプ」とまで論評される始末>

今週3日、現職のトランプ大統領へのチャレンジャーを決める民主党の予備選レースがスタートしました。伝統にならって、その初回はアイオワ州党員集会となっています。1992年にビル・クリントンが、2008年にバラク・オバマが、このアイオワでの勝利を足がかりに旋風を起こしたように、2020年も新たなストーリーが期待されていました。

ところが、今回は思わぬ展開となりました。通常、党員集会が終わるとその日のうちに大勢が判明するのですが、今回はいつまでも結果の発表がありませんでした。深夜になって、各候補はまるで自分が勝ったかのような演説をすると、次の予備選が戦われるニューハンプシャーへ移動していったのです。

党員集会の結果は、アイオワ州全体で約1700あるという会場から、今回は新たに開発されたアプリに入力することで集計される計画でした。ですが、そのアプリに不具合があって使えない事態が発生しました。さらに電話報告に切り替えたところ回線が足りなくなるなどのトラブルが重なり、得票数と獲得代議員数の数字に整合性が取れなくなり、数字の公表ができなくなったというのです。

翌日4日になって、ようやく夕方5時に数字が出ることになりましたが、途中で「出ても半分」だという情報が流れ、それが「かなりの数字は出せる」に変わり、そして夕方5時になって発表された時には「開票率は62%」となっていました。本稿は、この数字を前提に書いています。

この62%開票という時点での順位は以下の通りです。混乱を避けるために獲得代議員数ベースで並べますと、

<1位>ピート・ブティジェッジ候補......26.9%
<2位>バーニー・サンダース候補......25.1%
<3位>エリザベス・ウォーレン候補......18.3%
<4位>ジョー・バイデン候補......15.6%
<5位>エイミー・クロブチャー候補......12.6%

というのが暫定的な順位です。ちなみに、ニューヨーク・タイムズが報じた独自の調査によれば、バイデン候補は5位という説もあります。

この状況を横目で見て、大統領自身も含めて多くの人が囁いているのは、民主党は党員集会の開票もできないことを見せつけてしまい、結局この党員集会での勝者はトランプだという言い方です。残念ながら、そのような評価は否定できません。一時期話題になっていたトランプ大統領に対する弾劾裁判は、上院に進んだものの、新たに証人を喚問する決議が否決され、弾劾訴追の審理そのものが終了しようとしていますから、この「党員集会開票失敗事件」と合わせて、大統領への追い風となっているのは事実です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

ブラジル、新型コロナ対策で米中などに支援と協力要請

ビジネス

日経平均は小幅に5日ぶり反発、手控えムード 米経済

ワールド

中国の新型コロナ死者4人、全員武漢 市当局は感染拡

ワールド

世界の新型コロナ感染者、実際は1000万人の可能性

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!