コラム

ヒューストン豪雨災害に見る、「線状降水帯」の恐ろしさ

2017年08月29日(火)16時15分
ヒューストン豪雨災害に見る、「線状降水帯」の恐ろしさ

大都市ヒューストンの各所で洪水が発生した Jonathan Bachman-REUTERS

<大都市ヒューストンに洪水被害をもたらしたのは今年日本の九州北部に豪雨災害を引き起こしたのと同じ「線状降水帯」。局所的な豪雨が発生するため避難措置を取るのが難しい>

メキシコ湾を発達しながら西北へ向かっていたハリケーン「ハービー」は、現地時間の8月25日(金)にテキサス州のコーパスクリスティ付近に上陸しました。ところが、今回の「ハービー」による深刻な被害は、このコーパスクリスティではなく、そこから北東へ200キロ離れた巨大都市ヒューストンで起きたのです。

ヒューストンは、この「ハービー」に直撃されたわけではありません。ですが、近郊を含めた広域圏では500万人という大きな人口を抱えた地域に、ハリケーンに伴って発生した線状降水帯が居座ったのです。そこに、水温摂氏30度のメキシコ湾から、連続的に水蒸気が送り込まれるメカニズムが働き、降水量は累計で700ミリ近くになりました。

問題は、「いったん止んだ豪雨が再び襲う危険」です。一旦はアメリカに上陸して熱帯低気圧になった「ハービー」ですが、大陸の高気圧に押し返される格好で、メキシコ湾に戻り、海水温の水蒸気と上昇気流がエネルギーを供給しているのです。ですから、今後のコースによっては、ヒューストン都市圏を直撃するか、あるいは再度強力な線状降水帯がヒューストンを襲う可能性もあります。

【参考記事】衝撃の人気ドラマが連鎖自殺を引き起こす?

こうした事態を受けて、ヒューストンでは冠水した住宅地に多くのボートを繰り出して、各住宅の二階に取り残された人はいないか、確認と救助の作業が続いています。同市のシルベスタ・ターナー市長は、「高い義務感に支えられたボランティアが活動し、続々と被災者が救助されている」としています。

その一方でターナー市長に対して、「どうして強制避難命令が出せなかったのか?」という批判も出ています。これに対して市長は、「まず、ヒューストンはハリケーンの進路から大きく外れていたので、直撃コース上にあったコーパスクリスティと違って、先週木曜の時点では避難命令は出せなかった」。その後、豪雨の予報が出たときには、「対象となる600万人を移動させるには、もう時間の余裕がなかった。」つまり、巨大な交通渋滞を起こしたまま豪雨で被災したら最悪の事態になっていたという反論をしています。

ここで思い起こされるのが、同じように線状降水帯によって今年日本で甚大な被害があった「九州北部豪雨」であり、また3年前の「豪雨による広島市の土砂災害」です。九州北部豪雨では、福岡県の朝倉市、大分県日田市などで、広島市の土砂災害では安佐北区、安佐南区で共に土砂災害によって深刻な被害が出ました。

今回のヒューストンの場合は、平地に大量の雨が降って洪水となり、多くの家屋や建物が浸水すると同時に、道路も浸水して交通網が寸断され都市機能が完全に麻痺しています。一方で、九州や広島の場合は主として山間部や、山が平野に迫る場所での土砂災害でした。ですから双方の被害の形態には違いがあります。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

首相と加計理事長、愛媛県文書の面会記録確認できず=

ワールド

イランに「史上最強」制裁も、米国が核放棄など12項

ビジネス

ドイツ経済は力強い回復局面、第1四半期の減速は一時

ワールド

ベネズエラ大統領再選、国際社会から非難強まる 米国

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

  • 2

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 3

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影でヤバすぎる誤訳問題が炎上

  • 4

    結婚はしたけど、メーガン・マークルのビザ取得には…

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    ハリー王子の元カノが結婚に尻込みしたワケ

  • 8

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 9

    ヘンリー王子の結婚で英王室は変わるのか

  • 10

    「北の急変は中国の影響」なのか?──トランプ発言を…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 3

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正体は

  • 4

    米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

  • 5

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    朝鮮半島「統一」の経済的恩恵は大きい、ただし......

  • 8

    「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

  • 9

    アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

  • 10

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

  • 10

    14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!