コラム

アムトラック脱線で「リニア売り込み」は加速するか

2015年05月14日(木)13時46分

 今週12日夜にフィラデルフィア郊外で発生したアムトラックの列車脱線事故は、死者7人、重軽傷者200人という大惨事になりました。原因としては、事故から1日も経たないうちに「制限速度80キロ」のカーブに「時速163キロ」で進入したのが原因という暫定的な発表がされています。

 機関車が本来の軌道から大きく逸脱して隣の貨物線に突っ込んでいること、そして車両の破損具合から見ると相当なインパクトだというのは分かりましたが、この有名な「フランクフォード・ジャンクション」のカーブに時速160キロ超で進入というのは、にわかには信じられません。

 運転士のヒューマンエラーが濃厚ですが、32歳男性の運転士は弁護人選任がされるまで黙秘しており、詳細は今後の発表を待ちたいと思います。それにしても、この「北東回廊」(ボストン~ワシントンを結ぶ東部の幹線)というのは私も頻繁に利用している路線です。また死亡した人の中には、隣町の住人でAP通信社勤務の男性も入っており、まったく他人事ではありません。

 アメリカでも、ATS(自動列車停止装置)やATC(自動列車制御装置)はまったくないわけではありません。実は近年、この種の鉄道事故はむしろ増えており、議会主導で「強制的な停止装置(ATS)」を義務付けようとしていましたが、この区間に関してはまだ未設置でした。

 私の理解では、この事故の起きた区間は、1950年代までは世界の最先端を行っていたペンシルベニア鉄道の路線ですから、線路を通じた信号電流による「車内信号現示装置」があるはずです。ですから、区間ごとの制限速度は標識ではなく、運転台に表示されているはずです。

 ですが、強制力はない中で運転士が飛ばそうと思えば速度を出せるのも事実であり、システムとしてお粗末であるのは間違いありません。今回の事故に関して言えば、同じ場所で1943年に死者79人を出す大事故が起きているのですが、この事故は速度超過というよりも、台車の油切れによる車軸の加熱と破損の結果であるとされています。ですから、「速度超過の要注意箇所」という理解が伝達されていなかった可能性もあります。

 これに加えて、旅客向けの高速鉄道と貨物(さらには郊外電車も)が混在することの危険という問題があります。今回の事故現場でも、脱線した機関車や客車の数十メートル先に貨物のタンク車がゾロゾロ留置されており、もしも可燃物を積載していた車両に衝突していたらと思うとゾッとします。ですが、問題はそれだけではありません。

 貨物は運行会社各社が乗り入れてくる一方で、低速であり重心も一定ではありません。ですから、貨物列車のことを考えるとカーブに「傾斜(カント)」を深くつけることはできないのです。写真で見た感じでは、事故現場のカーブでのカントはかなり浅い感じで、制限速度50マイル(80キロ)というのも、ちょっとギリギリではないかという印象を持ちました。事故を起こした列車はそこへ時速160キロ以上で突っ込んだのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:高炉含めた全設備が見直し対象、固定費

ビジネス

中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増

ワールド

北朝鮮国連大使が米国を批判、非核化は「交渉から外れ

ワールド

北朝鮮、東倉里で「非常に重要な」実験成功 エンジン

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!