コラム

ハリウッドが女性主人公のアクションを作り続ける理由

2012年06月04日(月)20時59分

 アメリカ社会での女性の地位が向上する一方で、ハリウッド映画の世界では、アクション映画の主人公は男性という構図はずっと続いていました。

 中には、アンジェリーナ・ジョリーの『トゥームレイダー』シリーズのように、完全に女性が主役というのもありましたが、これとか往年の『チャーリーズ・エンジェル』シリーズなどは、男性客を意識した特殊なジャンルと言えるでしょう。20世紀末のシャロン・ストーンなどもそうした性格の役で売れていったわけです。

 例えば、クエンティン・タランティーノ監督が女性のヒロインに激しいアクションをさせていますが、彼の場合は、フェミニズム的な香りが残るのを厭わず、被害者側の復讐劇にジェンダーを絡ませて、それをスタイルにしてしまっているわけです。

 ミラ・ジョボビッチなんていう人もいますが、『バイオハザード』シリーズなど、アクション映画での彼女のキャラというのは、アメリカの視点からすれば、やはりヨーロッパ的なテイストの作りになるわけで、こちらもハリウッドのメインストリームではないと思います。

 いずれにしても、アメリカのアクション映画というのは、最近流行のアメコミの大作映画化にしても、スパイものにしても、ファンタジー系列にしても、保守的な男性中心のスタイルがデフォルトでした。

 ところが、今年に入ってこの流れに異変が起きています。ハリウッドのメインストリーム、それも巨大市場である10代向けの「PG13」カテゴリで、女性が主役のアクションものが立て続けに製作され、大ヒットしているのです。

 1つは、3月に公開された『ハンガー・ゲーム』です。原作は、日本の『バトル・ロワイヤル』に酷似した近未来小説のベストセラーで、主役は16歳の女の子。本もそうですが、映画も10代の少女たちを中心に売れに売れて、興行収入は4億ドルに達する勢い、北米市場での歴代14位というのですから恐るべしというところです。ヒロインがアーチェリーが得意ということで、アーチェリーを習うのが全米の女の子たちの間でブームになっているという、多少怖い現象まで起きています。

 このヒット作と、何らかの「タイミング合わせ」があったと考えられるのが、ディズニー=ピクサーの新作『ブレイブ』(邦題は『メリダとおそろしの森』)で、これも弓の得意な少女を主人公にした、ピクサーとしてはダークなアクション活劇になっているそうです。(米国での公開は6月下旬)

 どうして、少女が主役のアクション活劇が続いているのでしょう。私は、先週末に公開された『スノーホワイト』(原題は『スノーホワイトとハンツマン』)を見ていて、何となくその原因が分かったように思いました。

 この『スノーホワイト』ですが、日本での公開は今月中旬ということですので、例によってネタバレは控えますが、グリム童話の『白雪姫』にかなり忠実な設定でありながら、童話の枠組みを越えた中世の戦争活劇になっているのです。継母である「悪の女王」の再三にわたる殺害計画を生き延びたプリンセス・スノーホワイトが、今回は甲冑に身を固め大軍を指揮して女王軍との城砦攻防戦に立ち向かうという、荒唐無稽といえば荒唐無稽ですが、派手なストーリー展開になっているわけです。

 何と言ってもこの映画の売り物は、バンパイヤと人間のラブロマンスを描いた『トワイライト』シリーズのベラ役でスーパースターの座をつかんだクリステン・スチュワートが、「戦う白雪姫」を演じているという点です。シネコンでも「いかにも『トワイライト』のファン」という感じの女の子たちがたくさん来ていて、中には終わったところで拍手をしている子たちもいたぐらいでした。

 このスチュワートですが、デビュー作がデビット・フィンチャー監督の『パニック・ルーム』でのジョディ・フォスターの娘役だったわけですが、成長して後の顔立ちとか声の質などは、ジョディに良く似ているのです。ですが、今回の『スノーホワイト』でもそうなのですが、キャラ的にはジョディ・フォスターとは全く別物になっています。ジョディの売り物であった、エッジの利いたセリフの知性が感じられないということもありますが、『トワイライト』シリーズでもそうですが、クリステンの演技には全く気負いというものが感じられないのです。

 1962年生まれのジョディ・フォスターの場合は、代表作と言ってよい『告発の行方(原題は"The Accused")』にしても『羊たちの沈黙』にしても、女性=チャレンジャーという位置づけを背負っての演技であり、その気負いが彼女のセリフや所作を磨いていったし、監督たちもそうした彼女のキャラ作りを意気に感じていったわけです。

 ですが、1990年生まれのスチュワートに取っては、もう女性というジェンダーはチャレンジャーではないのだと思います。何よりもハリウッドは彼女のために、『トワイライト』5部作の最後の2本に関して、合計2500万ドル+出来高という途方もないカネをポンと払う、そんな時代になっているのです。

 ジョディのように、その知的なライフスタイルが尊敬を集めるということもない代わりに、スチュワートの場合は、同世代の女の子たちが感情を投影してくれる中で、実に「普通のキャラ」として自然体に振る舞えるわけです。この自然さというのは、女性がチャレンジャーであった際に強かった「フェミニズムという気負い」から、良くも悪くも女性たちが自由になったということなのだと思います。

 今、アメリカの10代の少女たちが「女の子が主役のアクション」に夢中になるのは、何も男性を徹底的にやっつけたいとか、肉食女子が狩猟女子に変身したとかいうことではないのだと思います。女性がアクションの主役になる、それがこの世代にはもう一点の曇りもなく自然なことなのでしょう。今年のハリウッドにおけるトレンドの背景にあるのは、そういうことだと思うのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米加首脳が来月も会談へ、新型コロナ対策などで協力体

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発後にマイナス転換、決算前の

ビジネス

アストラゼネカ、EU向け第1四半期ワクチン供給を6

ワールド

香港、コロナ感染拡大で初のロックダウン 住民に検査

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 5

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 6

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 7

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 8

    日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつ…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!