Picture Power

【写真特集】原爆はまだ歴史になっていない 広島・長崎被爆者の「沈黙の痛み」

THE YEAR 1945

Photographs by HARUKA SAKAGUCHI

2019年08月06日(火)11時05分

pp190806theyear1945-5b.jpg

李鐘根(89、イ・ヂョングン)
撮影時の5年前まで「江川」姓だったが、被爆して生き残った数少ない在日韓国人2世だと自覚し、本名を使うようになった。被爆後、朝鮮半島に帰ろうと下関まで行ったが、「家もない、寺もない」状態でどう生活するのかと考え、引き返した。おかげで朝鮮戦争を免れた。

pp190806theyear1945-6b.jpg

阿部雅治(63)
5歳の時に「心臓に穴が3つある」と診断され短命予告を受けた。原爆が健康に与える長期的影響を調べる米原爆傷害調査委員会(ABCC)から通知が来て、10歳まで毎年「検査」に来るよう言われた。迎えに来るジープなどは印象的だったが、「検査」は治療につながらず、結局は日本人医師のおかげで生き永らえた。

pp190806theyear1945-7b.jpg

沖西慶子(52)
長崎で生まれ小学5年生の時に広島に移住した被爆2世。2008年に甲状腺疾患と診断されるまで2世の自覚はあまりなかった。48歳の時に初めて母親の被爆体験を聞いた。

pp190806theyear1945-8b.jpg

山脇佳朗(83)
11歳の時に長崎で被爆し、亡くなった父親を火葬した。翌日遺骨を拾いに戻ると半焼けの父の姿に呆然とした。頭蓋骨だけでも拾おうとしたら脳が流れ出し、悲鳴を上げて逃げた。「あんな状態で見捨ててしまった」と、今でも悔やんでいる。

pp190806theyear1945-9b.jpg

岡田恵美子(80)
8歳の時に広島で被爆。その後嘔吐が続き、髪も抜け、歯茎から出血し、学校をよく休んだ。12歳だった姉は今も行方不明。親は亡くなるまで、どこかで生きていると願いながら姉の死亡告示を出さなかった。

【参考記事】特別寄稿:TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒロシマ」

ニュース速報

ビジネス

コロナ影響注視、必要なら特別プログラム期限延長=雨

ワールド

原油先物は下落、米在庫の増加やOPECプラス会合延

ビジネス

シャオミ、株式売却などで39億ドルを調達

ワールド

ノルウェー、6月から実施の原油量削減を年末で終了

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!