Picture Power

【写真特集】原爆はまだ歴史になっていない 広島・長崎被爆者の「沈黙の痛み」

THE YEAR 1945

Photographs by HARUKA SAKAGUCHI

2019年08月06日(火)11時05分

pp190806theyear1945-5b.jpg

李鐘根(89、イ・ヂョングン)
撮影時の5年前まで「江川」姓だったが、被爆して生き残った数少ない在日韓国人2世だと自覚し、本名を使うようになった。被爆後、朝鮮半島に帰ろうと下関まで行ったが、「家もない、寺もない」状態でどう生活するのかと考え、引き返した。おかげで朝鮮戦争を免れた。

pp190806theyear1945-6b.jpg

阿部雅治(63)
5歳の時に「心臓に穴が3つある」と診断され短命予告を受けた。原爆が健康に与える長期的影響を調べる米原爆傷害調査委員会(ABCC)から通知が来て、10歳まで毎年「検査」に来るよう言われた。迎えに来るジープなどは印象的だったが、「検査」は治療につながらず、結局は日本人医師のおかげで生き永らえた。

pp190806theyear1945-7b.jpg

沖西慶子(52)
長崎で生まれ小学5年生の時に広島に移住した被爆2世。2008年に甲状腺疾患と診断されるまで2世の自覚はあまりなかった。48歳の時に初めて母親の被爆体験を聞いた。

pp190806theyear1945-8b.jpg

山脇佳朗(83)
11歳の時に長崎で被爆し、亡くなった父親を火葬した。翌日遺骨を拾いに戻ると半焼けの父の姿に呆然とした。頭蓋骨だけでも拾おうとしたら脳が流れ出し、悲鳴を上げて逃げた。「あんな状態で見捨ててしまった」と、今でも悔やんでいる。

pp190806theyear1945-9b.jpg

岡田恵美子(80)
8歳の時に広島で被爆。その後嘔吐が続き、髪も抜け、歯茎から出血し、学校をよく休んだ。12歳だった姉は今も行方不明。親は亡くなるまで、どこかで生きていると願いながら姉の死亡告示を出さなかった。

【参考記事】特別寄稿:TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒロシマ」

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!