Picture Power

【写真特集】原爆はまだ歴史になっていない 広島・長崎被爆者の「沈黙の痛み」

THE YEAR 1945

Photographs by HARUKA SAKAGUCHI

2019年08月06日(火)11時05分

pp190806theyear1945-5b.jpg

李鐘根(89、イ・ヂョングン)
撮影時の5年前まで「江川」姓だったが、被爆して生き残った数少ない在日韓国人2世だと自覚し、本名を使うようになった。被爆後、朝鮮半島に帰ろうと下関まで行ったが、「家もない、寺もない」状態でどう生活するのかと考え、引き返した。おかげで朝鮮戦争を免れた。

pp190806theyear1945-6b.jpg

阿部雅治(63)
5歳の時に「心臓に穴が3つある」と診断され短命予告を受けた。原爆が健康に与える長期的影響を調べる米原爆傷害調査委員会(ABCC)から通知が来て、10歳まで毎年「検査」に来るよう言われた。迎えに来るジープなどは印象的だったが、「検査」は治療につながらず、結局は日本人医師のおかげで生き永らえた。

pp190806theyear1945-7b.jpg

沖西慶子(52)
長崎で生まれ小学5年生の時に広島に移住した被爆2世。2008年に甲状腺疾患と診断されるまで2世の自覚はあまりなかった。48歳の時に初めて母親の被爆体験を聞いた。

pp190806theyear1945-8b.jpg

山脇佳朗(83)
11歳の時に長崎で被爆し、亡くなった父親を火葬した。翌日遺骨を拾いに戻ると半焼けの父の姿に呆然とした。頭蓋骨だけでも拾おうとしたら脳が流れ出し、悲鳴を上げて逃げた。「あんな状態で見捨ててしまった」と、今でも悔やんでいる。

pp190806theyear1945-9b.jpg

岡田恵美子(80)
8歳の時に広島で被爆。その後嘔吐が続き、髪も抜け、歯茎から出血し、学校をよく休んだ。12歳だった姉は今も行方不明。親は亡くなるまで、どこかで生きていると願いながら姉の死亡告示を出さなかった。

【参考記事】特別寄稿:TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒロシマ」

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに243人の感染確認 過

ワールド

香港警察、警官襲撃巡り7人逮捕 容疑者の逃走支援

ワールド

トランプタワー前に人種差別抗議のスローガン、NY市

ワールド

豪、帰国者を半数に制限 ビクトリア州は新規感染者が

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!