Picture Power

【写真特集】ベネズエラ難民の母子、苦難の旅を行く

VENEZUELAN MOTHERS RUSH TO MIGRATE

Photographs by CARLOS GARCIA RAWLINS

2019年07月25日(木)16時03分
【写真特集】ベネズエラ難民の母子、苦難の旅を行く

末娘フランチェスカ(8)とペルー入国の手続きを待つスラメイ・ファリアス(47)。「子供とベネズエラで暮らしたかった。でもあの国の現状からは逃げ出すしかなかった」

<破綻状態に陥ったベネズエラから逃げ出す難民たち。最後まで国に残っていた「社会的弱者」たちの決死行を追った>

コロンビアを抜け、エクアドルを経てペルーへ──3カ国に渡る旅路を歩き続けるベネズエラの母親と子供たち。道中には胸まで水につかる川や偽の案内人、強盗が待ち構える。母は入国管理の列の途中で子供に母乳をやり、駐車場で体を休め、行く先も知らないバスに揺られる。

「みんな目が見えないみたいに、さまよっていた」と、エリカ・ケベド(28)は振り返る。多くの女性と同じく、彼女は案内人に代金を持ち逃げされた。

venezuela-map.jpg

ニコラス・マドゥロ政権下でベネズエラが破綻状態に陥ったとき、最初に国を出たのは国外に職を求めた男たちだった。だがその後、女性や子供、老人も後を追わざるを得ないほど経済は悪化。もはや父親からの仕送りだけでは生活は立ち行かない。

6月中旬、ペルー国境の町トゥンベスにはかつてない数の女性と子供が駆け込みで殺到した。ペルーが入国審査の厳格化を発表したためだ。

難民の増加は、野党指導者フアン・グアイドによる変革の希望がしぼんだことの裏返しでもある。アメリカによる制裁も、この国で最も貧しい人々を最も苦しめる結果となっている。

――ミトラ・タジ


PP1907302.jpg

アンドライミ・ラヤ(22)
トゥンベスの入国センターで娘ジェシー(2)を抱く。「グアイドには本当に期待していた。間違いなく国を変えてくれると思っていた」と、ラヤは言う。だが、ペルー政府がベネズエラ国民の入国を厳格化すると発表したとき、彼女は全てをなげうって娘とペルーに行くことを決意した。警察官になるという自身の夢も、家に残った最後の資産であるテレビも諦めた。「こんな所で死にはしない。きっとこれが最後のチャンスだってね」

PP1907303.jpg

テレサ・アマロ(83)
娘のマイテ・ペレス(43)、孫のエドワール・コステ(7)と共に、トゥンベスの入国センターにたどり着いた。心臓病を患うアマロだが、ベネズエラでは「薬は売っておらず、売っていても高過ぎて払えるお金はなかった」と語る。「電気も止まり、ガスもなかった。料理は薪でしていた。家を出る1カ月前からは近所のどこにもガスが通らなくなり、薪すらなくなった。ここに来たくはなかったけれど、この子たちが『1人で置いていけない』と言ってくれたの」

PP1907304.jpg

ロサルバ・バリオス(51)
娘のホセリン、孫のホレイリン(11)、ロジャーリン(8)と、ほかの子供たちが暮らすペルーの首都リマに向かう。裁縫を生業にしていた彼女の家族は国家の破綻で引き裂かれた。28歳の息子はベネズエラの首都カラカスで強盗に襲われ、83歳の母親は薬が手に入らず癌で亡くなった。「国を離れるのは簡単なことじゃない」と、バリオスは涙ながらに語った。「離れたくなかった。さよならを言うなんて。これまでの生活を捨てるなんて」

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!