コラム

【大江千里コラム】厳戒態勢のNYで考える、「コロナレッスン」という試練と希望

2020年03月29日(日)17時00分

「家の検疫所を充実やね!」が、今やニューヨーカー同士の決まり文句。人に感染させないで、互いを思いやり、心を平穏に保ち、何より普段通りで過ごす。

小売店で会った青年が別れ際に、「今は宇宙元年だ!」と叫ぶ。これから世界恐慌が間違いなくやってくる。国境もなくなり、「新しい地球号」の出航の日が来る。

それまでは喪失や破壊などネガティブなことが起こるだろうが、いずれ力を合わせて前を向く日が来る。今までの構造は破壊されるかもしれないが、その代わり新しい「システム」が必ず生まれる。

これを機に、彼の地では内戦がストップしたではないか。宇宙という船に乗り、一人一人が意識改革を試される「コロナレッスン」!

レジの横にいたラテンなおばちゃんが歌い始めた。「あなた~、ビールを買うなら今はコロナでしょ~」。すると別のおばちゃんが、「私のロッタリー(宝くじ)が当たれば一生分のコロナを買ってあげる~」

2人に挟まれ、感染も忘れてマジで吹き出す。きっと大丈夫だ、ニューヨークはヘコタレない。Do my part NY!

みなさんが安全でいられますように。

cover200407-02.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月7日号(3月31日発売)は「コロナ危機後の世界経済」特集。パンデミックで激変する世界経済/識者7人が予想するパンデミック後の世界/「医療崩壊」欧州の教訓など。新型コロナウイルス関連記事を多数掲載。

プロフィール

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、大統領選で不正証拠なしと表明の司法長官

ビジネス

ファイザーのワクチン生産目標下げ、供給網の課題が理

ビジネス

アングル:ショートよりロング偏重、株高の裏にある投

ビジネス

ワクチン巡る報道でS&P反落、ナスダックは最高値

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!