コラム

ソ連時代の呪縛から解き放たれていくイスラエルの夫婦の姿『声優夫婦の甘くない生活』

2020年12月17日(木)17時20分

夫婦の亀裂に込められた「沈黙のユダヤ人」に関わる深い意味

では、ルーマン監督はなぜ自分の少年時代ではなく、彼の両親やそれより上の世代の体験に光をあてることにしたのか。そこには、深い意味が込められている。

ヴィクトルとラヤの第二の人生に対する考え方にはズレがある。ラヤはそれを、新しいことを始める機会ととらえている。これに対してヴィクトルは、声優業に固執する。彼は自分の吹き替えに誇りを持ち、評価もされ、特にフェリーニに傾倒している。

しかし、彼が固執する理由を映画愛だけだと思ってしまうと、本作の魅力は半減する。見逃せないのは、本作に巧妙に埋め込まれた伏線だ。70年代にイスラエルに移住し、映画業界で働くヴィクトルの友人は、久しぶりに再会した彼に、吹き替えの代わりに新設されたばかりのロシア劇場の仕事を紹介しようとするが、彼は二の足を踏む。その後の夫婦のやりとりで、実は彼が昔、舞台に憧れていたことがわかる。

ヴィクトルはなぜ舞台を諦め、声優になったのか。そのヒントは、まともな仕事が見つからないヴィクトルが、妻に内緒でロシア劇場のオーディションを受ける場面で示される。彼はマーロン・ブランドになりきって、『波止場』の一場面を演じる。それを見た舞台監督は、今度はブランドふうではなく、自分の思う通りに演じるように指示する。すると彼は黙り込んでしまう。

この舞台をめぐる伏線はなにを意味するのか。キーワードになるのは「沈黙のユダヤ人」だ。前掲書ではそれが以下のように説明されている。


 「旧ソ連出身の移民は、イスラエル史上最低と言えるほどにユダヤ人という自覚が薄い。帝政ロシアでも、共産党政権時代にも、反ユダヤ主義が政府の公式方針だったからだ。攻撃的な無神論が支配していた七〇年間、ボリスの一家のような、『沈黙のユダヤ人』と呼ばれる家族が何百万もあった」

ヴィクトルの場合は、ユダヤ人の自覚が薄いわけではない。彼のソ連時代の境遇は、「いつも心はユダヤ人だった。家ではイディッシュ語だしな」という台詞に端的に示されている。まさに「沈黙のユダヤ人」といえる。

それを踏まえるなら、ヴィクトルがなぜ舞台を諦め、吹き替えに固執するのかも容易に察することができるだろう。舞台では、ユダヤ人である自分を表現することはできない。だから、声優として他者になりきることにのめり込んできた。突き詰めれば、ラヤは、他者になりきることに囚われた夫と生活を共にしてきたことになる。

つまり、夫婦の亀裂には、「沈黙のユダヤ人」に関わる深い意味が込められている。ルーマン監督は、自分よりも上の世代の移民の複雑な心理をよく理解し、ソ連時代の呪縛から解き放たれていく夫婦の姿を実に鮮やかに描き出している。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ワールド

ラウル氏、キューバ共産党トップ退任表明 カストロ時

ワールド

日米首脳、中国を強くけん制 共同声明に台湾やウイグ

ワールド

米政権、難民受け入れ拡大計画を棚上げ 前政権の1.

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 10

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中