コラム

80年代初期のロシアの貴重なロック・シーンが描かれる『LETO』

2020年07月22日(水)16時30分

『LETO -レト-』

<80年代初頭、モスクワと並ぶロックの中心地だったレニングラードを舞台に、トロイツキーのロック史にも登場するふたりのミュージシャンを軸として、恋愛と当時のロックシーンが生き生きと描き出される>

情報に乏しかったペレストロイカ以前のロシアのロック・ムーブメントが海外に認知されるきっかけを作ったのは、モスクワ生まれのロック・ジャーナリストで、アンダーグラウンドのプロモーターやミュージシャンとしても活動していたアルテーミー・トロイツキーだった。

ペレストロイカが始まる80年代後半までの30年間に及ぶロシアのロックの軌跡をまとめた『BACK IN THE USSR』(87)や代表的な10人のミュージシャンを通してロック・カルチャーを考察した『TUSOVKA』(9 0)といった彼の著書は、ロシアのロックを理解する格好の手引きになった(前者は91年に『ゴルバチョフはロックが好き?ロシアのロック』というタイトルで日本語版も刊行された)。今回取り上げる映画は、そんなトロイツキーと深い関わりがある。

80年代初頭、レニングラードの二人のロックミュージシャンが描かれる

舞台演出で頭角を現し、映画監督としても注目を集めるキリル・セレブレンニコフ監督の新作『LETO -レト-』では、ペレストロイカ以前の80年代初頭、モスクワと並ぶロックの中心地だったレニングラードを舞台に、トロイツキーのロック史にも登場するふたりのミュージシャンを軸として、恋愛と当時のロックシーンが生き生きと描き出される。

レニングラードでは、西側のロックに影響を受けたバンドが台頭しつつある。設立されて間もないロック・クラブは、バンドにとって貴重な演奏の場になっている。公認を得られないバンドは、自宅などでコンサートを開くしかない。そのロック・クラブでは、マイク・ナウメンコ率いるズーパークが人気を博している。

ある夏の日、マイクと仲間たちが海辺でパーティーを開いているところに、仲間のひとりから誘われたヴィクトル・ツォイと相棒が現れ、曲を披露する。ヴィクトルの才能に気づいたマイクは、彼を支援するようになるが、その一方で、マイクの妻ナターシャとヴィクトルの間に淡い恋心が芽生える。

当時のミュージシャンたちに影響を及ぼした音楽

本作のクレジットでは、物語のベースになっているのはナターシャ・ナウメンコの回想だが、情報源はそれだけではないだろう。

本作には、この後、キノを率いて頂点に登りつめ、90年に急逝するヴィクトル、91年に没するマイクの他にも、実在の人物が登場している。キノの初期メンバーだったアレクセイ・ルィビン、早い時期からヴィクトルと交流を持っていたパンク・バンド、アフトマティーチェスキエ・ウドヴレトヴォリーチェリのスワイン、ロシアのロックを牽引し、キノのファーストアルバムを手がけたアクアリウムのリーダー、ボリス・グレベンシコフ、そしてジャーナリストのトロイツキーが、ニックネームや違う役名ながら、それとわかるように主人公たちに関わっていく。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

関連ワード

ニュース速報

ワールド

日米首脳、台湾やウイグル問題など中国巡り議論 半導

ワールド

日米首脳、台湾やウイグル問題など中国巡り議論 半導

ワールド

日米首脳会談、台湾海峡の平和と安定の重要性で一致と

ビジネス

米ダウ・S&P最高値更新、底堅い指標や企業決算で

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中