コラム

29歳監督デビュー作にして遺作 中国の孤独な4人の一日の物語『象は静かに座っている』

2019年11月01日(金)16時15分
29歳監督デビュー作にして遺作 中国の孤独な4人の一日の物語『象は静かに座っている』

『象は静かに座っている』 © Ms. CHU Yanhua and Mr. HU Yongzhen

<ベルリン国際映画祭で最優秀新人監督賞などを受賞した中国映画。この映画を完成させた後、29歳でこの世を去った監督が利己主義に満ちた社会を描き出していく......>

ベルリン国際映画祭で最優秀新人監督賞と国際批評家連盟賞をW受賞した中国映画『象は静かに座っている』(18)は、本作を完成させた後、29歳でこの世を去ってしまったフー・ボー監督にとって、234分の長編デビュー作にして遺作となる。

田舎町を舞台に、4人の人物のある一日の物語

本作では、炭鉱業が廃れた田舎町を舞台に、4人の人物のある一日の物語が、緻密な構成と長回しを駆使するスタイルで描き出される。その一日に起きる出来事によって、彼らはそれぞれに窮地に立たされ、追い詰められていく。

裏社会に生きるチェンは、親友の妻を寝取り、それを知った親友がチェンの目の前で窓から身を投げてしまう。少年ブーは、不良のリーダー、シュアイから携帯を盗んだと疑われている友人をかばい、シュアイをあやまって学校の階段から突き落としてしまう。

シングルマザーの母親との諍いが絶えない少女リンは、学校の教師と密会を重ねていたが、それが露見し、大騒ぎになる。娘夫婦から邪魔者扱いされる老人ジンは、愛犬を他の犬に噛み殺され、心の拠り所を失う。

ブーが突き落としたシュアイがチェンの弟だったことから、ブーはチェンに追われるはめになる。以前からリンに想いを寄せていたブーは、秘密を抱えた彼女の行動を探らずにはいられない。そして、ブーと同じ住宅に暮らすジンも、ブーが引き起こしたトラブルに巻き込まれる。そんなふうにして、4人の運命が絡み合っていく。

ジャ・ジャンクーのデビュー作『一瞬の夢』と比較すると興味深い

本作を観ながら筆者が思い出していたのは、20年前のベルリン国際映画祭で最優秀新人監督賞と最優秀アジア映画賞を受賞したジャ・ジャンクーのデビュー作『一瞬の夢』のことだ。この二作品には、日常における登場人物たちの関係や距離を独自の視点から掘り下げることによって、時代や社会を浮き彫りにするという共通点があり、比較してみると興味深い。

『一瞬の夢』


『一瞬の夢』では、改革開放の波が押し寄せる内陸の街を舞台に、スリとして生きる主人公シャオウーと、彼のかつての仲間で実業家に転身したヨンやシャオウーがカラオケ・バーで出会う店員メイメイが対置される。

ヨンやメイメイと彼らを取り巻く人々の距離は明らかに変化している。ヨンは、テレビで取り上げられ、地元の名士になっている。メイメイは離れて暮らす両親への連絡を欠かさないが、両親は彼女が北京で女優の勉強をしていると思い込んでいる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

きょう新型コロナ専門家会議を開催、緊急宣言の状況で

ワールド

米、対ベネズエラ政策転換 与野党協力し暫定政権樹立

ワールド

原油安巡りロシアと「実り多い」電話会談を行った=米

ワールド

新型コロナとの戦い、非常に厳しい2週間になる=トラ

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問題行動が責められないのはなぜか

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 9

    緊急公開:人類と感染症、闘いと共存の歴史(全文)

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 4

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 10

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    ついに日本は終わった

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!