コラム

経済と命の比較がすべてを狂わせる

2020年05月04日(月)14時30分
経済と命の比較がすべてを狂わせる

ゴールデンウィーク中にも関わらず人けがない東京駅前(4月27日) Issei Kato-REUTERS

<新型コロナウイルス対策で、日本だけが世界で迷走を続けているのは、経済より命が優先と思考停止に陥って中途半端な自粛要請と腰の引けた経済対策ばかり繰り返しているからだ>

日本のコロナ対応の政策が間違ってしまう理由は、経済と命を比較していることに尽きる。

そして、その比較の結論が逆になっていることが致命的に日本を滅ぼす。

今回の緊急事態宣言の延長が本来であれば不必要であったにもかかわらず、実行された理由がここにある。

延長決定のいきさつについての報道を読むと、1年延長の強硬論もあって、これに比べれば5月末というのは、比較的最小限に見えてしまったという失敗もあるようだが(そういう意味で、専門家会議のメンバーの、恐怖を煽って自己主張を通すという戦略は成功したのであるが)、どうも最大の理由は、専門家メンバーでも穏当なグループも、延長しなかった場合に人々に「緩み」が出てしまうことを一番恐れて、延長が望ましいと主張し、これが大勢を占めて、決定されたようだ。

愚かだ。

つまり、緩まなければ必要がなかったわけで、それなら延長せずに、緩むな!と伝えればいいだけのことだ。それなのに、人々はどうせ緩む、という不信感による不安で延長という手段に出た。

自粛を「おねがい」する矛盾

世界で日本だけがコロナ対策で迷走しているのは、「自粛要請」という論理的に破綻した手段に拠っていることに尽きる。

緊急事態宣言というのは、戦時動員体制、戒厳令に近いものであるから、強制力がなければ意味がない。導入のときの野党の反対、世論の圧力により、中途半端な緊急事態法制になってしまったのが直接の敗因だ。

失業や倒産への対策、救援策は必要だが、それは補償ではない。あり得ない。

普通の法制なら命令だから、補償する必要はない。そもそも補償する必要はない。国民のため、社会のため、国のために行っているのだから、補償は悪いことをする代償であるから、国のために緊急事態宣言をしているのだから補償はあり得ない。

しかし、個人商店も有権者も、自粛の代償を求めた。その慰謝料が休業お礼見舞金であり、10万円のお見舞金である。

これは何度も述べたことだ。

今回の問題の一番目は、緩むという不信感を強く持っている人々に対して、その人々を信頼しないことには成立しない「自粛要請」という手段でお願いしていることだ。

論理的にうまく行くはずがない。

そして、もう1つ重要なのは、経済と命という2つの目的に対する手段の割り当ては180度逆に行っていることだ。

今回、何が何でも延長するという結論を出した理由は、命を救うため、ということだ。少なくともそのポーズをとることを最大限優先するということだ。

経済はいいのか?

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。著書に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

ニュース速報

ワールド

トルコとギリシャ、対話で解決目指す 地中海エネルギ

ワールド

ベトナムのコロナ感染再燃、今後10日が重大な時期=

ビジネス

豪AMP、特別配当と自社株買いで株主還元へ 部門株

ワールド

豪失業率、7月は22年ぶり高水準 就業者数は増加

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 9

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 10

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!