コラム

点字ブロックのアンパンマン、被災者侮辱、カラス生食......炎上を繰り返すツイッターの終焉は意外に近いかもしれない

2023年03月14日(火)21時42分
ツイッター

ツイッターは社会を変えたーー悪い意味でも Dado Ruvic/Illustration-REUTERS

<筆者も最近巻き込まれたが、炎上を繰り返すツイッターの本質はゲームである。敵キャラを倒し、パズルブロックを消すのと同じ感覚でツイートに反応する。そこに建設的な会話は成立しない。魑魅魍魎が跋扈する現在のツイッターはどう考えても異常だ>

アメリカのIT大手メタ(旧フェイスブック)が、ツイッターとよく似たタイプのSNSを開発中だという。イーロン・マスク氏による買収以降、ツイッター社は混乱が続いているため、劣勢に乗じてメタが攻勢を仕掛けようとしているのかもしれない。

私はこれを非常に歓迎している。というのも、日本のネット世論を席巻しているツイッターには、もう何年も前から社会に対する有害性を感じていたからだ。ツイッターは便利で面白いけれど、何かが根本的におかしい。そう思っている人は、決して少なく無いのではないか。私は最近、軽い炎上なども経験して、ようやくツイッターの本質が分かってきた。

キーワードは「ゲーム」だ。より正確に言えば、「スマホゲーム」である。

混雑した電車に乗る時、他人のスマホ画面が目に入る。すると、スマホゲームに興じている人が思いのほか多いことに気づく。『ファミ通ゲーム白書2022』によると、21年の日本のゲーム人口は5535万人で、ゲームアプリの市場規模は1兆3001億円という。

パズドラ、ツムツム、ウマ娘、FGO(Fate/Grand Order)......。私は何となく名前を知っている程度なのだが、電車内ではそうしたゲームの画面を熱心にいじっている人々をよく見る。で、彼らはそのままサッと画面を切り替え、ツイッターを閲覧したりもする。

つまり、ある種の人々にとってツイッターは、スマホゲームとシームレスに繋がっているのだ。このことに気づくと、ツイッター空間の特性が色々と理解できるようになる。

「快・不快」で判断される世界

彼らはまず、ツイッターを開くと獲物を探す。優越感に浸りながら思う存分けなすことができるターゲットを物色するのだ。滝川ガレソあたりのアカウントが、その点では極めて良い仕事をしており、細大漏らさず実にスピーディーに、ネット空間の「バカ」を安定的に供給してくれる。

ゲームの世界では敵と味方が明確に分かれており、敵は叩き潰す対象でしかない。ネット世論がしばしば粗雑で単純な二分法に支配されるのは、彼らがゲームの延長でツイッターを見ているからだ。

敵キャラを戦車でなぎ倒したり、パズルブロックを消したりするのと同じような感覚で、彼らはツイートに反応する。だから、あらゆる言葉が過激になり、言葉のひだや言い淀みといったものが消えてしまう。物事の当否は論理的整合性や社会的妥当性ではなく、「快・不快」によって感覚的に判断される。ゆえに、「この考えは間違っている。なぜなら私が不快だから」という思考回路が平然と成り立ってしまうのだ。

プロフィール

西谷 格

(にしたに・ただす)
ライター。1981年、神奈川県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。地方紙「新潟日報」記者を経てフリーランスとして活動。2009年に上海に移住、2015年まで現地から中国の現状をレポートした。著書に『ルポ 中国「潜入バイト」日記』 (小学館新書)、『ルポ デジタルチャイナ体験記』(PHP新書)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツとオランダの中銀、23年は大幅な損失計上 赤

ビジネス

ユーロ圏、今後1年のインフレ期待が小幅上昇=ECB

ビジネス

ライアンエア、ボーイング機納入遅延で夏に減便も=C

ワールド

ローマ教皇、ウクライナ戦争の外交解決訴え 侵攻2年
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story