最新記事

シリーズ日本再発見

東京はイスラム教徒やベジタリアンにとっても「美食都市」か

2016年12月26日(月)11時11分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)
東京はイスラム教徒やベジタリアンにとっても「美食都市」か

Yuya Shino-REUTERS

<今後さらに多くの外国人観光客を日本に呼び込むには、ムスリム(イスラム教徒)やベジタリアンの食に関するニーズに応える必要がある。取り組みは進んでいるが、果たして彼らの心をつかむ施策となっているのか? 在住者たちに本音を聞いた> (写真:ハラルうどんを食べるインドネシア人の留学生(千葉、2014年))

【シリーズ】五輪に向けて...外国人の本音を聞く

 観光立国を目指す日本の取り組みが着々と実を結んでいる。訪日外国人観光客数は今年初めて2000万人の大台を突破した。年末までには2400万人に達すると予測されている。

 今年3月に開催された「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」では、東京五輪が開催される2020年に2000万人、2030年に3000万人の外国人観光客を招致する目標を、2020年に4000万人、2030年には6000万人と上方修正した。従来から倍増という強気の数値目標だ。

 目標達成のカギをにぎるのは多様なニーズの吸収となる。現在、訪日外国人観光客の送り出し国・地域は中国、韓国、台湾、香港が上位を占めているが、他地域の掘り起こしが不可欠だ。そのためにはムスリム(イスラム教徒)やベジタリアンなどのニーズにも応えていく必要があるだろう。

 最近では新聞をめくっていても「ムスリム向け学食がオープン」「ベジタリアン向け多言語情報サイトがサービス開始」など関連ニュースを目にする機会は多い。取り組みは進んでいるようだが、果たして日本の施策はベジタリアンやムスリムの心をつかむものとなっているのか。「食べ物がおいしい」と評判の日本だが、彼らにとっても日本は美食の国なのか。実際に話を聞いてみた。

【参考記事】和食ブームだけじゃない、日本の料理教室がアジアで快進撃の理由

ベジタリアンだっておいしいものが食べたい

「初めて日本にやってきた20年前とは全然違いますよ」と話してくれたのは東京・御徒町でレストラン「ヴェジハーブサーガ」を経営するラジャさん(40代)。インド出身のジャイナ教徒だ。

 ベジタリアンといっても、乳製品を食べる「ラクト・ベジタリアン」、卵と乳製品を食べる「オボ・ベジタリアン」、魚介類を食べる「ペスコ・ベジタリアン」から、一切の動物性食品、ハチミツを食べず、また革製品なども使用しない「ヴィーガン」など、さまざまな人がいる。ジャイナ教徒はあらゆる生物を殺さないことを戒律としており、肉や卵ばかりか根菜類まで食べることを禁じられている。

「昔はまったく理解されませんでした。例えばエビ入りのサラダを食べられないと話すと、エビだけよけて食べなさいと言われたりとかね。エビを取り除いたとしても一緒に調理されたものは食べられません。また、ジャイナ教徒向けに料理を作っていただいたこともありましたが、肉や魚を調理した鍋や包丁をそのまま使おうとして慌てたこともありました。本当は別の調理具を使って欲しいし、それができないならしっかり洗って欲しいと頼みました。口の中に入らなければいいというわけではないんです。今はだいぶ変わりました。ヴィーガン向けのベジタリアン・レストランも増えましたし、ネット通販も普及しました。ジャイナ教徒向けのレトルトカレーなんてものも取り寄せられるんですよ」

 20年前と比べれば大きく改善されたが、それでも悩みはあるという。「実はベジタリアン向けのお店っておいしくないところが多いんです」とラジャさん。

 なるほど、筆者にも経験がある。敬虔な仏教徒の中国人を日本に迎えた時のこと。ネットで見つけたベジタリアン・レストランに行ったのだが、料理はパンチがなく物足りないものだった。なじみがないだけにこんなものかと無理やり自分を納得させたのだが、ラジャさんのお店でカレーをいただくとびっくり。濃厚で強烈な味わいなのだ。野菜の旨味でもこれほどしっかり味が付くのかと驚かされた。

japan161226-2.jpg

撮影:筆者

【参考記事】訪日外国人の胃袋をつかむ「食」のマッチングサービス

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    親子喧嘩の平均回数は年間2148回! 口論の原因と親…

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!