最新記事

シリーズ日本再発見

東京はイスラム教徒やベジタリアンにとっても「美食都市」か

2016年12月26日(月)11時11分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)
東京はイスラム教徒やベジタリアンにとっても「美食都市」か

Yuya Shino-REUTERS

<今後さらに多くの外国人観光客を日本に呼び込むには、ムスリム(イスラム教徒)やベジタリアンの食に関するニーズに応える必要がある。取り組みは進んでいるが、果たして彼らの心をつかむ施策となっているのか? 在住者たちに本音を聞いた> (写真:ハラルうどんを食べるインドネシア人の留学生(千葉、2014年))

【シリーズ】五輪に向けて...外国人の本音を聞く

 観光立国を目指す日本の取り組みが着々と実を結んでいる。訪日外国人観光客数は今年初めて2000万人の大台を突破した。年末までには2400万人に達すると予測されている。

 今年3月に開催された「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」では、東京五輪が開催される2020年に2000万人、2030年に3000万人の外国人観光客を招致する目標を、2020年に4000万人、2030年には6000万人と上方修正した。従来から倍増という強気の数値目標だ。

 目標達成のカギをにぎるのは多様なニーズの吸収となる。現在、訪日外国人観光客の送り出し国・地域は中国、韓国、台湾、香港が上位を占めているが、他地域の掘り起こしが不可欠だ。そのためにはムスリム(イスラム教徒)やベジタリアンなどのニーズにも応えていく必要があるだろう。

 最近では新聞をめくっていても「ムスリム向け学食がオープン」「ベジタリアン向け多言語情報サイトがサービス開始」など関連ニュースを目にする機会は多い。取り組みは進んでいるようだが、果たして日本の施策はベジタリアンやムスリムの心をつかむものとなっているのか。「食べ物がおいしい」と評判の日本だが、彼らにとっても日本は美食の国なのか。実際に話を聞いてみた。

【参考記事】和食ブームだけじゃない、日本の料理教室がアジアで快進撃の理由

ベジタリアンだっておいしいものが食べたい

「初めて日本にやってきた20年前とは全然違いますよ」と話してくれたのは東京・御徒町でレストラン「ヴェジハーブサーガ」を経営するラジャさん(40代)。インド出身のジャイナ教徒だ。

 ベジタリアンといっても、乳製品を食べる「ラクト・ベジタリアン」、卵と乳製品を食べる「オボ・ベジタリアン」、魚介類を食べる「ペスコ・ベジタリアン」から、一切の動物性食品、ハチミツを食べず、また革製品なども使用しない「ヴィーガン」など、さまざまな人がいる。ジャイナ教徒はあらゆる生物を殺さないことを戒律としており、肉や卵ばかりか根菜類まで食べることを禁じられている。

「昔はまったく理解されませんでした。例えばエビ入りのサラダを食べられないと話すと、エビだけよけて食べなさいと言われたりとかね。エビを取り除いたとしても一緒に調理されたものは食べられません。また、ジャイナ教徒向けに料理を作っていただいたこともありましたが、肉や魚を調理した鍋や包丁をそのまま使おうとして慌てたこともありました。本当は別の調理具を使って欲しいし、それができないならしっかり洗って欲しいと頼みました。口の中に入らなければいいというわけではないんです。今はだいぶ変わりました。ヴィーガン向けのベジタリアン・レストランも増えましたし、ネット通販も普及しました。ジャイナ教徒向けのレトルトカレーなんてものも取り寄せられるんですよ」

 20年前と比べれば大きく改善されたが、それでも悩みはあるという。「実はベジタリアン向けのお店っておいしくないところが多いんです」とラジャさん。

 なるほど、筆者にも経験がある。敬虔な仏教徒の中国人を日本に迎えた時のこと。ネットで見つけたベジタリアン・レストランに行ったのだが、料理はパンチがなく物足りないものだった。なじみがないだけにこんなものかと無理やり自分を納得させたのだが、ラジャさんのお店でカレーをいただくとびっくり。濃厚で強烈な味わいなのだ。野菜の旨味でもこれほどしっかり味が付くのかと驚かされた。

japan161226-2.jpg

撮影:筆者

【参考記事】訪日外国人の胃袋をつかむ「食」のマッチングサービス

MAGAZINE

特集:技能実習生残酷物語

2018-4・24号(4/17発売)

アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能潜水艦が見つかる 

  • 3

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 4

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 5

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 8

    怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発さ…

  • 9

    アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

  • 10

    米中貿易戦争は中国に不利。習近平もそれを知ってい…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

  • 3

    アメリカの2度目のシリア攻撃は大規模になる

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 10

    4年前に死んだ夫婦に赤ちゃん誕生! 中国人の祖父母…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 6

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 7

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 8

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 9

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 10

    金正恩がトランプに懇願か「あの話だけはしないで欲…

日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!