最新記事

シリーズ日本再発見

日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

2016年08月05日(金)11時28分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)
日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

© O/2016 OP

<日本語が分からない外国人に映画館で日本の映画を観てもらう――それが外国語字幕付き上映企画「YOKOSO! EIGAKAN!」の狙い。アニメ映画によるインバウンド重要の掘り起こしを目指す今までにない取り組みだ。特に家族連れの旅行客をターゲットにしているというが、その背景には、家族向けサービスが少ないという日本の"おもてなし"の弱点もあるようだ>

【シリーズ】日本再発見「日本のおもてなし施策最前線」

「留学生として日本で暮らしていますけど、映画館に来たのは今回が初めてです」

 そう目を輝かせながら話してくれたのは、若い中国人留学生の4人組だ。アニメ映画『ONE PIECE FILM GOLD』(東映配給)を見るため、新宿の大型シネコン「新宿バルト9」にやってきた。

 彼らを初めての映画鑑賞にいざなったのは、外国語字幕付き上映企画「YOKOSO! EIGAKAN!」だ。新宿以外にも品川、横浜、京都、大阪、福岡と、日本各地の6映画館で実施され(8月5日まで)、英語と中国語(簡体字)の字幕併記で日本語が分からない外国人に対応している。

 実際に映画館を取材したが、観客のほとんどが外国人だった。欧米、東南アジア、中国などさまざまな地域の人々が集まっているだけに、上映前の客席では英語や中国語などさまざまな言語が飛び交っていた。映画が始まっても、ガイコツ男「ブルック」の定番ギャグに客席全体が爆笑に包まれるなど、日本人とは違うノリの良さを感じる。まるで外国の映画館にやってきたかのようだ。

【参考記事】ワンピース、キャプ翼、テトリス、辞書まで映画化!? 中国第3のバブルの実態

「YOKOSO! EIGAKAN!」は、シネコン・チェーンを運営する東映グループのティ・ジョイが主催する企画だ。2015年5月の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(東映配給)からスタート。同年10月の『心が叫びたがってるんだ。』(アニプレックス配給)、翌年1月の『ガラスの花と壊す世界』(ポニーキャニオン配給)と日本のアニメ映画を外国語字幕付きで上映し、今回で第4弾となる。

 人口減少時代を迎えた日本において外国人需要をとりこむ狙いがあるが、それに加えてより大きな「志」があると、ティ・ジョイの担当者である影山美央さんは語る。「いわゆる"おもてなし"として、外国人に日本の文化を体験してもらうこと、そして家族連れの観光客が楽しめるサービスを提供することが狙いです」

映画館でのグッズ販売も日本ならではの体験

「爆買い」が新語・流行語大賞を受賞したのは2015年末だが、今年に入って早くも状況は変化している。訪日外国人数は2016年上半期に過去最高を記録するなど絶好調(前年同期比28.2%増の1171万4000人、日本政府観光局訪日外国人観光客統計2016年6月推計値より)。一方で、百貨店免税品販売額は今年4月にマイナス9.3%を記録、3年3カ月ぶりに前年実績を下回った。その後も低調に推移し、6月には前年同月比20.4%のマイナスにまで落ち込んでいる。

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 7

    「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 7

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!