コラム

刑務所事情は社会の映し鏡

2011年08月05日(金)23時12分


 その国がかかえる病巣や、社会が共有する価値観が如実に表れる場所──その1つが刑務所なのかもしれない。

 象徴的なのが、劣悪な環境下で政治犯に過酷な労働を強いる北朝鮮の収容所。麻薬取り締まりを強化しているメキシコでは、すでに満杯だった刑務所がパンク状態に陥り、囚人の暴動が後を絶たない。インドネシアでは刑務官の汚職が蔓延しているせいで、受刑者が獄中で性交渉をもったり、薬物を手に入れることが可能。そのため、服役中にエイズウイルスに感染し、社会復帰後に感染を拡大してしまうケースが非常に多いという。
 
 脱獄そのものを罪に問う法律が整備されていないために、ヘリコプターを使ったハリウッド映画さながらの脱獄劇が度々繰り返されてきたベルギーのようなケースもある(背景には、人間は自由を求める存在であり、脱走したくなるのは当然だという思想があるらしい)。また、人口当たりの受刑者数が世界で際立って高いアメリカでは、各州の財政難のあおりを受けて民間刑務所への委託が進んでいるが、「運営費を安く抑えるほど儲かる」というビジネスの論理と、服役囚の更生支援を両立させるのは難しく、刑務所内の治安は驚くほど悪く、再犯率も高いという。

 一方、自由で快適な環境を提供し、受刑者に寄り添うことこそ、更生を促す最善の道だというスタンスを貫いているノルウェーのような国もある。本誌8月10日/17日号(夏季合併号)の「凶悪テロ犯を待つ獄中の『楽園』」では、ノルウェーの刑務所内を撮影した7枚の写真を掲載している。殺人犯とレイプ犯を収容する最厳重警備の刑務所だというが、内部の様子はまさに「楽園」という表現がぴったり。高級ビジネスホテルのようなテレビつきの独房に、バンド活動ができる本格的な音楽スタジオ、料理を楽しめる共用キッチンやリビングルームまで完備。威圧感を与えないよう看守は武器を持ち歩かず、囚人たちも私服で寛いでいる。先月、爆弾テロと銃乱射によって76人の命を奪ったアンネシュ・ベーリング・ブレイビクも、有罪が確定すれば、こうした環境下で社会復帰をめざすことになると聞くと複雑な気持ちになるが、再犯率の低さを考えれば、凶悪犯にも更生のチャンスを与えるノルウェー方式には意義があるのだろうと思う。
 
  8月10日/17日号では他にも、今のうちに訪れなければ消滅してしまうかもしれない世界各地の「楽園」を紹介するトラベルガイドも必見。夏休みに海外旅行の予定がない人も是非、美しい写真に癒されながら、次の休暇の計画を立ててみては?
  
 ──編集部・井口景子

このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ワールド

東京都で新たに209人が新型コロナ感染、重症者46

ビジネス

アルケゴス問題は大変残念、教訓の洗い出しが必要=金

ワールド

日韓首脳会談、日本が一方的にキャンセルとの事実は全

ワールド

アングル:途上国に「ワクチン10億回分」、新規表明

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中