コラム

宮崎駿、iPadをこきおろす

2010年07月15日(木)13時35分

 あのスタジオジブリが毎月発行している『熱風』という無料誌がある。その7月号がiPadを特集しているのだが、宮崎駿監督がiPadをこきおろしたインタビュー記事が、ネットで結構な反響を呼んでいる。都内の書店でも発行元のスタジオジブリでも雑誌は在庫切れ状態。なぜか日本の主要メディアは黙殺しているが(理由はだいたい想像がつく)、海外でも驚きが広がり始めている

 なにせ、言葉が強烈だ。


宮崎 あなたが手にしている、そのゲーム機のようなものと、妙な手つきでさすっている仕草は気色わるいだけで、ぼくには何の関心も感動もありません。嫌悪感ならあります。その内に電車の中でその妙な手つきで自慰行為のようにさすっている人間が増えるんでしょうね。電車の中がマンガを読む人間だらけだった時も、ケイタイだらけになった時も、ウンザリして来ました。 


宮崎 あのね、誰にでも手に入るものは、たいしたものじゃないという事なんですよ。本当に大切なものは、iナントカじゃ手に入らないんです。 


 一刻も早くiナントカを手に入れて、全能感を手に入れたがっている人は、おそらく沢山いるでしょう。あのね、六〇年代にラジカセ(でっかいものです)にとびついて、何処へ行くにも誇らしげにぶらさげている人達がいました。今は年金受給者になっているでしょうが、そのひとたちとあなたは同じです。新製品にとびついて、手に入れると得意になるただの消費者にすぎません。

 あなたは消費者になってはいけない。生産する者になりなさい。 

 
 宮崎監督は「本当に大切なものは、iナントカじゃ手に入らない」のに、今や全世界が「iナントカ」に浮かれる現状に苛立っている。インタビューはおそらくはクリエーターである聞き手と宮崎監督というクリエーター同士の対話の形をとっているが、「生産する者になりなさい」という呼びかけ(というか叫び)は「消費者」にも向けられている。

「道具には、鉛筆と紙と、わずかな絵具があれば充分です」という言葉が示すとおり、宮崎監督が言いたいのは、あくまで道具は道具に過ぎないということ。「iナントカ」は一見全能のように見えるが、とどのつまりは「上前だけをはねる道具」に過ぎない――。日々心身を削って「本当に大切なもの」を作り続けるクリエーターの立場からすれば、「iナントカ」に消費者の関心とエネルギーが吸い寄せられるのはよほど腹が立つのだろう。

 怒りまくる宮崎監督をよそに、「上前だけをはねる道具」のiPad、そしてインターネットは淘汰もされず、むしろその勢力を拡大している。本質的に人間にとって有害あるいは不必要なものなら、いずれかの時点で淘汰されてもよさそうなものだが、そうはなっていない。

 情報のフラット化というメリットは、創造力の減少というデメリットをおぎなって余りある――少なくとも世界は今、そう判断しているらしい。ただ未来永劫このままでいいのか。われわれの眼に見えない「危機」が世界の宮崎には見えている......のかもしれない。

――編集部・長岡義博

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

ボルカー元FRB議長死去、92歳 インフレ抑制で功

ワールド

イラン、米と全ての捕虜交換の用意=ザリフ外相

ワールド

英総選挙支持率、保守党のリード6ポイントに縮小=I

ワールド

北朝鮮、トランプ氏発言をけん制 「金委員長が評価変

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 9

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!