最新記事

日本

オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

OTAKU JOY

2022年8月13日(土)11時20分
はちこ(会社員、『中華オタク用語辞典』著者)

古い同人誌は秋葉原や池袋にある専門の販売店で購入できる(写真はイメージです) Yongyuan Dai-iStock

<女一人の聖地巡礼も、昔の作品の視聴もできる。日本は包容力にあふれた「オタク天国」だ>

オタクにとって、日本ほど居心地の良さを感じられる国はない。中国出身の私だが、子供時代に『NARUTO-ナルト-』で日本アニメにどハマり。大学で日本語を学び、日本に留学、就職し......と、気付けば日本生活は10年になる。
2022080916issue_cover200.jpg

この間もオタク趣味への熱は冷めることはなかった。アニメを見るだけではない。同人誌作家としてコミケに参加して作品を発表できたばかりか、出版社から声を掛けられ、『中華オタク用語辞典』(文学通信)を出版して作家デビューまで果たすことができた。

アニメゆかりの地への旅行、いわゆる「聖地巡礼」も楽しみの1つだ。

日本人には当たり前すぎて気付かないようなことも、外国人オタクの目から見ると驚きにあふれている。

例えば女性でも気軽に一人旅できる点だ。中国だと、「女一人でタクシーに乗って運転手と二人きりになるのは不安なので、乗車中はずっと誰かに電話して身を守る」といった防衛策はよくあること。中国も治安のいい国と言われるが、日本は異次元だ。

気兼ねなく一人飯できるお店が多い点も素晴らしい。女一人の聖地巡礼もストレスなく楽しめる。

さらに言えば、主流派と外れたニッチな趣味嗜好でも自然に受け止めてもらえる包容力が、日本の魅力だと感じるようになった。

これは実際に住んでいないと分からない部分もありそうだ。というのも、アニメを視聴するだけならば日本も外国も条件は変わらなくなりつつある。中国では最新アニメが日本と同時配信されることが珍しくない。

厳しい検閲で暴力的なシーンや露出度の高いシーンがカットされることはあり、オリジナル版を見たい昔ながらのオタクからすると許し難いが、最初からこの環境で育ったアニメ好きにはあまり気にならないようだ。日本アニメが好きでも日本に行く必要なんてないというわけ。

最新アニメを見るだけなら、そのとおりかもしれない。でもその外側に日本の魅力はある。

例えば過去作品にアクセスすることは中国では難しい。一度配信された作品でも、時間がたてば配信終了していることが多いからだ。調べてみると、『けいおん!』など一世を風靡した人気作品ですら、配信が終わっていた。若きオタクたちが「掘る」(昔の作品を発掘して楽しむ)すべがない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィリピンがオンラインカジノ175社営業停止、中国

ワールド

カナダ、10月からコロナ巡る移動規制を撤廃 ワクチ

ビジネス

企業向けサービス価格、8月は前年比プラス1.9% 

ワールド

NZの金融引き締めは成熟段階、やるべきことまだある

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月