コラム

捕鯨は法廷で白黒付ければいい

2010年06月10日(木)16時34分

 日本の捕鯨をめぐる議論はとうとう法廷に持ち込まれた。

 オーストラリア政府は5月31日、オーストラリア南方の南極海で日本が行っている調査捕鯨の停止を求めて国際司法裁判所(ICJ)に提訴した。日本の調査捕鯨が「実際には商業捕鯨にあたり、国際捕鯨取締条約に違反している」と主張している。

 ところが同じく捕鯨反対の立場を取る他の国々はオーストラリアの提訴に同調していない。アメリカ政府の国際捕鯨委員会代表は、豪シドニー・モーニング・ヘラルド紙の取材に対して「もしオーストラリアが裁判で負ければ、他の反捕鯨国すべても負けることになる」と豪政府の動きに懸念を示し、米政府は外交交渉で捕鯨問題の解決を図っていくという考えを示した。

 やはり捕鯨に反対するニュージーランドのジョン・キー首相も「オーストラリアの提訴にニュージーランドが加わってもおそらく負けることになる」と、提訴への参加には消極的だ。

 そもそも今回の動きには、総選挙を前にして支持率を落としているオーストラリアのラッド政権が、捕鯨反対の国民感情に訴えて支持率を回復させる狙いがあったと見られている。野党陣営からは「政権が抱える問題点から目を逸らそうとしている」と批判される始末。

 ただ、もし日本政府が調査捕鯨の合法性に自信を持っているなら、きちんと法廷に出て主張すればいい。例え法的拘束力がなくてもICJで判決なり勧告的意見なりが出されれば、日本は感情的な捕鯨批判に胸を張って反論できる。

 もし仮に捕鯨を止めろという判決が下ったら、その場合は国際ルールに従うしかない。それでも、まるで日本が国際条約の抜け穴を利用して「姑息に」捕鯨を続けているというイメージを持たれるよりは、はるかに国益にかなうはずだ。

――編集部・知久敏之

このブログの他の記事を読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 10

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story