コラム

西川美和監督の傑作『すばらしき世界』で反社会的存在への不寛容を考える

2024年06月08日(土)11時10分

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<オウム真理教の元信者たちのようにひとたび反社会的と見なされた存在に対し、日本社会は徹底的に冷酷。その不寛容さをテーマにした傑作が『すばらしき世界』だ>

かつてオウム真理教の信者たちを被写体にしたドキュメンタリー映画を撮っていたとき、脱会した信者が、戻ったはずの社会で居場所を失う場面は何度か目撃した。

なぜ居場所を失うのか。まずはメディアだ。特に幹部クラスであればあるほど、メディアは住所を調べて取材にやって来る。だから近所の人に元オウム信者だとばれる。

次に公安警察。彼らは住居だけではなく職場にまで聞き込みに来る。だからオウム真理教にいたという過去を伏せて就職したとしても解雇される。隠さなければいいじゃないかとあなたは思うだろうか。しかし打ち明けたならその瞬間に不動産屋も会社の人事担当者も、蒼白になって帰ってくれと言うはずだ。






地下鉄サリン事件以降に物心がついた若い世代には想像できないと思うけれど、当時のオウムに対する憎悪と嫌悪は(嫌悪は今もそれほど変わっていないとは思うが)すさまじかった。多くの自治体は現役信者の住民票の受理を拒絶した。ならば運転免許の更新や健康保険証の申請ができない。子供を学校に通わせることもできなくなる。当時はオウムだけは特別だと多くの人はこの対応を正当化していたが、例外が前提になることは予想できた。

昨年4月、元暴力団員で現在は建設関連の会社で働いている50代男性が、みずほ銀行に口座開設を拒否されて精神的苦痛を受けたとして、損害賠償を求めて提訴した。口座を開設できなければ、給与振り込みや公共料金の支払い、子供の給食費の引き落としにまで支障が生じる。ローンを組めないから家や車も買えない。ひとたび反社会的と見なされた存在に対して、その履歴が過去であろうが現在であろうが、日本社会はこれほどに不寛容で冷酷だ。最低限の人権すら認めようとしない。

『すばらしき世界』の主人公、三上(役所広司)は殺人の罪で13年の服役を終え、社会人として再出発することを決意する。チャーミングで弱者に対する優しさも持ち合わせる三上だが、激高すると過剰に暴力的になる。要するに自己をコントロールできないのだ。でも自分の利益や保身はあまり考えない。利他心は強い。ところが結果はいつも裏目に出る。

プロフィール

森達也

映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story