注目のキーワード

コラム

反体制を美化せず 全共闘世代が発見した映画『真田風雲録』の価値

2022年04月26日(火)16時30分
『真田風雲録』

ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

<「無駄な抵抗はやめなさい」と呼び掛ける徳川方の武将は60年安保における機動隊であり、作戦会議で「異議なし!」と声を上げる豊臣方は安保反対を主張する革新勢力。真田幸村率いる十勇士は全学連主流派の位置付けに>

観て笑った。驚いた。考えた。

明治・大正期に講談や立川文庫などで国民的ヒーローとなった真田十勇士の物語を、劇作家で脚本家でもある福田善之が戯曲として発表したのは1962年。本作『真田風雲録』はその映画版だ。

当たり前すぎることを書くけれど、映画は時代と切り離せない。ならば1962年はどんな年か。キューバ危機で米ソ間の緊張が高まって世界中が核戦争を覚悟した。ビートルズとボブ・ディランがレコードデビューした。日本では植木等のヒット曲を受けて映画『わかっちゃいるけどやめられねぇ』が製作され、60年安保の熱気と余波が熱く息づいていた。

その60年安保を大坂冬の陣・夏の陣に置き換えて、歌あり踊りありで描いた戯曲は群像劇だったが、映画版は猿飛佐助(萬屋錦之介)と、実は女性のお霧こと霧隠才蔵(渡辺美佐子)のラブロマンスに物語の主軸を置いている。

佐助は幼い頃に飛来した隕石の放射能の影響で、人の心を読む超能力を持ったという設定だ。つまりゴジラの忍者バージョン。ならばメッセージは反核。でも硬直していない。ギャグの気配もある。今ならば炎上案件だ。

圧倒的な兵力で豊臣方を攻撃する徳川方の武将は、豊臣方の兵士に「無駄な抵抗はやめなさい」と呼び掛ける。つまり彼らは60年安保における機動隊であり、その本丸は岸政権だ。そして作戦会議で「異議なし!」と声を上げる豊臣方は安保反対を主張する革新勢力で、真田幸村率いる十勇士は、全学連主流派の位置付けになるのだろう。ギターを手にした由利鎌之助(ミッキー・カーチス)が、行軍中にいきなりカメラに向かって状況の説明を始める。まだ若い米倉斉加年に常田富士男、田中邦衛にジェリー藤尾が歌い踊る。

この合戦がどのように終わるかを、佐助は超能力で知っているはずだ。そしてその絶望は、お霧との切ない恋に終止符を打つ決意に暗示される。百姓は付いてこない、とのせりふが示すように、先鋭化した運動はやがて大衆からの支持を失う。結果は明らかだ。孤立無援となった反権力は権力に鎮圧される。

公開前は東映でも左翼の映画だとの声があったようだが、監督の加藤泰は決して反体制を美化しない。かっこよく死にたいが口癖の真田幸村(千秋実)は、転んで刀が刺さってかっこ悪いとつぶやきながら死ぬ。大坂城本丸で最期を覚悟したニヒルな大野修理(佐藤慶)は、火に巻かれて「熱くなってきたな」とつぶやき、しばらく我慢してから「熱い!」と叫んで跳び上がって死ぬ。しかもその瞬間にストップモーションだ。

プロフィール

森達也

映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

ワールド

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで

ビジネス

米国株式市場=大幅続伸、積極利上げ観測後退

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 9

    スリム化は不可欠、「ポスト・エリザベス」の英王室…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 4

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 9

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 10

    こっそりカンボジアに拠点を作った中国人民解放軍に…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中