Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2018年3月22日発売

0歳からの教育 発達編

2018年3月22日発売 / 880円(税別)

信頼の育児ムックから待望の最新版が登場 !!

心と体、成長の秘密
科学で読み解く発達のメカニズム上手に脳を育てる、個性を伸ばす
Introductionさあ、赤ちゃんと新たな世界へ一歩踏み出そう
[第1章]PREGNANCY
体験記 初めて妊婦のアメリカ式出産記
キャリア 妊娠中も快適に仕事を続けるには
心理 心身のストレスは瞑想とヨガで克服
計画出産 無痛分娩と帝王切開、その誤解と実態
調査 データが明かす高齢出産の明と暗
経済力 年上ママの子供は認知能力が高い?
体格 スリムで長身な子に育つのは
テクノロジー おなかのわが子とVRでご対面
早産 早く生まれた小さな命を守れ
性別 母親の生活習慣で男女産み分け?
フード 妊婦におすすめの魚、避けたい魚
病気 妊娠初期の熱は放置しないで
ドリンク やはりコーヒーは控えめが無難
[第2章]DEVELOPMENT
発達 自分のペースで踏み出す一歩
五感 触って聞いて感覚は磨かれる
脳科学 最新研究が明かす赤ちゃん脳の不思議
会話 おしゃべりの練習はもう始まっている
●コミュニケーションの4つのコツ
音声 話す力を伸ばすなら騒音禁止
認知能力 脳の成長は驚異的に進む
[第3章]EMOTIONS
性格 上手に働き掛けて豊かな個性を
道徳 うそをつくのは至って健全
スキンシップ 優しいマッサージで幸福感アップ
家族 きょうだいげんかに審判は不要!
反抗期 「いや!」の連発は成長の証し
●「いい」と「ダメ」を上手に教える
男女 性差別しない子供に育てる方法
対処法 心配性のわが子に親がしてやれること
感情 子供の大泣きは学びのチャンス
[第4章]HEALTH
睡眠 ぐっすり眠って心と体はつくられる
授乳 母乳育児にまつわる5つの誤解
栄養 粉ミルクの利用に罪悪感を持たないで
対策 食物アレルギーは食べて予防する
食事 もっと自由にヘルシーな食卓に
歯磨き デンタルケアは乳歯のうちから
体力 運動を習慣にして元気で賢い子に
訓練 おむつはずしは焦らずにいこう
[第5章]FOUR AND BEYOND
指導 親力を伸ばす子育てコーチング
思考力 科学が明かす創造力の鍛え方
論争 ご褒美を使って楽しくしつけをしよう
スポーツ 水泳が得意でも水の事故には注意
学校 病み上がりの子供の登園はあり?……なし?
●英語で読むならこの絵本
From the Editors

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局が捜索要請

  • 4

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 5

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 6

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 7

    半年後の価格は......ビットコインの価格算定モデル…

  • 8

    台風の現場で労働者を殺した「金正恩命令」の矛盾点

  • 9

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 10

    ヒトの体内の「粘液」の役割が明らかに

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

  • 5

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 9

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 3

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!