Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2023.2. 7号(1/31発売)

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

Cover Story

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

予測 「日本のヤバい未来」は避けられないのか
日本社会 「未来の年表」が示す人口減少と業界大変化 ── 河合雅司(作家・ジャーナリスト)
IT 自律分散が日本の停滞を救う ── ドミニク・チェン(情報学者)
SF小説 ポスト大崩壊の古都市TOKYOと謎の外来種 ── ケン・リュウ(米在住SF作家)
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ZTF彗星が教えてくれること

科学 ネアンデルタール人も見たはずの5万年に一度の流れ星が近づいている
【Periscope】
TURKEY 若者たちの国外脱出が止まらない
UNITED STATES トランプのFBアカウントが復活したが
NORTH KOREA コロナに「勝った」はずが再びロックダウン
GO FIGURE 大量殺傷事件の予兆を読み解くと
【Commentary】
中国 ゼロコロナ放棄と毛沢東の冷徹 ── 練乙錚
提言 ウクライナ戦争二元論の危うさ ── アンマリー・スローター
米政治 債務上限問題は空騒ぎ? ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「不協和党」のセルフ解体ショー ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 「逃げ切り」黒田総裁の置き土産 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 夫が出自について嘘をついていました
忘れられたニュース コロナ禍で失われ続けた別の命 ── 石戸諭
森達也の私的邦画論 『センキョナンデス』で選挙に新視点を与える ── 森達也
【World Affairs】
ウクライナ 戦争が終わらないこれだけの理由
軍事 米独の微妙すぎる戦車合意
インド スナクが悩むモディの黒歴史
トルコ 怒れるエルドアン、その真の標的は
【Life/Style】
Movies 不快、でも目を離せない『バビロン』
Books ヘンリー王子の回顧録『スペア』は文学作品だ
Drama アカデミー賞の栄誉には安住しない
Food 世界一のレストラン「ノーマ」が閉じる理由
Sports プロテニス選手の人間ドラマに迫る
My Turn 元NBAスター妻の人生は完璧なはずだった
【Departments】
Perspectives
In Focus
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 大雪とEVと日本人のアピール下手 ─ 石野シャハラン
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中