Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2023.2.14号(2/ 7発売)

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

Cover Story

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

南太平洋 「南進」を始めた中国の隠せない野心
フィリピン 米中の間で島国が揺れる
東アジア 「軍事力増強」日韓はどこへ
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

韓国戦車が欧州を埋め尽くす日

軍事 大型契約を結んだポーランドに各国が追随する動きが

落ちぶれるイギリスの暗い未来

英国 ブレグジットから3年がたった英経済が迎える衰退の日
【Periscope】
UNITED STATES 「スパイ気球」騒動とU2撃墜事件
CHINA 中国に「スーパークローン乳牛」が誕生
CZECH チェコ新大統領が台湾に異例の急接近
GO FIGURE 世界汚職ランキングで最もクリーンな国は
【Commentary】
外交 日独の悲哀「敗戦国はつらいよ」──河東哲夫
米社会 こんまりはアメリカ人の神だった──グレン・カール
視点 スウェーデンを翻弄するトルコ──飯山陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国人の「口福」とロバの受難──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 南米「共通通貨」と経済ブロック化 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 体重は気にせず娘に成長してほしい
たかがジョーク、されどジョーク 妊婦に運転手からも「お祝い」── 早坂隆
【World Affairs】
不正疑惑 韓国政界名物「汚職劇場」が再び
北欧 再エネ先進国ノルウェーの野心
リスク ロシアと西側の次の決戦場は北極圏か
【Features】
環境 エコな電気自動車の不都合な真実
【Life/Style】
Moveis エンタメに徹した『トップガン』にオスカーを
Moveis 怖くてかわいいAI人形のダークな笑い
Moveis 『二十歳の息子』が見せる家族の形
History ポンペイで考えるセクシュアリティー
Health 小さなアリが癌のにおいを嗅ぎ分ける
Uncharted 歴史の悲哀を味わう廃墟巡りの旅
My Turn 恋心を利用して騙す人を私は許さない
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power サマリア人は滅びゆく民族なのか
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 国会で「議論」がないことにがっかり ─ 西村カリン
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中