Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2022.7.12号(7/ 5発売)

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

Cover Story

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

教養 ビジネスエリートが学ぶMBA「権力」の授業
インタビュー パワーをめぐる誤解を解いて変革を応援したい
分析 リーダーたちの権力構造を読み解く
ビジネス 管理職に必要なのは感化の力
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ウクライナ戦争と朝鮮戦争

視点 共に世界の二極化を決定づけたが、米中ロの新冷戦はより不安定だ
【Periscope】
CHINA 習近平3期目を前に国民はうんざりだが
UNITED STATES 「トランプは議会襲撃に加わろうとした」
PHILIPPINES マルコス新大統領を待つ正と負の遺産
UNITED STATES 米南部の住宅価格がバブルまっただ中
【Commentary】
韓国 BTS「活動休止」は若年層の悲鳴 ── 木村幹
資源 水力発電は「悪魔との取引」だ ── ブラマ・チェラニ
米司法 中絶禁止判決の裏に党利党略? ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 現代ならニクソンは清廉潔白? ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 インフレ長期化に勝つ唯一の道 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 亡き母親の恋人が家をゴミ屋敷に
本好きに捧げる ホメない書評 「敵をぶった斬る」式極論の罪 ── 石戸諭
森達也の私的邦画論 『清作の妻』が描き出す共同体の狂気の源泉 ── 森達也
【World Affairs】
戦略 NATO拡大容認はトルコの思う壺に
中絶 米最高裁が選んだ「死」の未来
【Features】
中東 イスラエルは暗殺作戦がお好き
【Life/Style】
Movies 『エルヴィス』で善人役をやめたトム・ハンクス
Movies 「無限の彼方へ!」飛び立てなくて
Medicine メラトニンサプリの取りすぎにご用心
My Turn 核で脅かすプーチンに被爆者の私が贈る言葉
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power あれから10年、アマゾンが奪った町の未来
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 政策・公約より選挙で大事なもの ─ 石野シャハラン
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中