Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2021.6.15号(6/ 8発売)

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

Cover Story

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

オリンピック パンデミック五輪に猛進するニッポン
分析 人命喪失コストに目を向ける時
中国 習近平が「熱烈支持」する訳
デーブ・スペクター 「開催前から自滅した日本のフシギ」
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

大坂なおみも1人の人間だ

スポーツ メンタルの問題を抱える若い選手を「消費」してはならない
【Periscope】
MALAYSIA 「完全封鎖」マレーシアに不協和音が響く
UNITED STATES メール公開が招くファウチへの疑念
NORTH KOREA 北朝鮮「ナンバー2」は誰なのか
GO FIGURE トランプのサイト閉鎖は不人気の表れ?
【Commentary】
通貨 デジタル人民元は中国停滞の始まり──河東哲夫
視点 「大きなデジタル政府」を問う──ジャイディープ・プラブ
中東 頼れる大国はやはりアメリカだけ──ヨシュカ・フィッシャー
風刺画で読み解く「超大国」の現実 中国の若者が寝転がる理由──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 日本の行政DXが遅れた元凶 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 子供嫌いの私でも友人の子は?
ニューヨークの音が聴こえる マスク姿が暮らしにくくなる日── 大江千里
【World Affairs】
イスラエル ネタニヤフ王朝もついに終わり(か?)
共産党 だから「三人っ子政策」は駄目
【Features】
宇宙 中南米にも宇宙への大いなる夢がある
資源 イランが悩む水問題は湾岸諸国結束の好機
【Life/Style】
Books 暑い夏に読みたいホットな新刊は?
Movies 「ホラー作品恐怖スケール」を見よ!
Economy 超一流投資家に学ぶ成功のポイント
Travel 忘れられた廃墟の不気味で美しき世界
Fashion ポストコロナの夏は万能サンダルだけでOK
My Turn ノーベル賞を受賞した私が後悔していること
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power ゲイの夫夫が手にした父権の肖像
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye ニッポン技術の地盤沈下にびっくり ── 西村カリン
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中