Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.11.10号(11/ 4発売)

特集:アメリカ大統領選 中国工作秘録

2020年11月10日号(11/ 4発売)

Cover Story

アメリカ社会に浸透する中国人工作員── 共産党が勝たせたいのはトランプかバイデンか

調査報道 世界が知らない中国のアメリカ浸透作戦
アメリカ 在米反体制派は実は親体制派?
頭脳流出 「千人計画」の知られざる真実

ポンコツ大統領選を見直す時

米政治 重責にふさわしい資質の持ち主を選ぶための新プロセスを提言する

Commentary 新連載

その言葉への違和感 菅首相の「ビジョン」に絶句した── 望月優大
【Periscope】
GERMANY ドイツのコロナ対策にアメリカも学べ
SOUTH KOREA 中国出身アイドルに韓国ネット民激怒
UNITED STATES フェイスブックがデマ拡散を放置
GO FIGURE 中国と仲良くしたい? 台湾人の本音
【Commentary】
視点 「トランプ以前」に欧州は戻れない──ヨシュカ・フィッシャー
イギリス 英医療制度の聖域化にもの申す──コリン・ジョイス
米選挙 トランプがごねれば中国が笑う──ミンシン・ペイ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 さよなら、「英雄」コロンブス──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 デジタル人民元を甘く見るな── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 仲の悪い兄弟を仲直りさせたいが
森達也の私的邦画論 エグイけれど窮屈な小津の『東京物語』── 森達也
【World Affairs】
韓国 サムスン領袖の死去で経営大転換の予感
【Features】
北欧 世界がスウェーデンに抱く虚像
研究 科学は「Qアノン」の偽情報を止められるか
【Life/Style】
Music NZ+ヒップホップ+ BTS×TikTok
Drama 「パリ版SATC」は視聴者をだます
Movies トランプ時代に響く「正論」の古さと新しさ
Women 働く母親に送る失敗のススメ
Architecture 怪物たちを歴史的建造物に訪ねて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 自然を生きる動物たちの輝きを捉える
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 周来友── 日本で考える、日米関係の不思議

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿下の死去で適用される英王室の厳格な規定

  • 4

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中