Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.11.10号(11/ 4発売)

特集:アメリカ大統領選 中国工作秘録

2020年11月10日号(11/ 4発売)

Cover Story

アメリカ社会に浸透する中国人工作員── 共産党が勝たせたいのはトランプかバイデンか

調査報道 世界が知らない中国のアメリカ浸透作戦
アメリカ 在米反体制派は実は親体制派?
頭脳流出 「千人計画」の知られざる真実

ポンコツ大統領選を見直す時

米政治 重責にふさわしい資質の持ち主を選ぶための新プロセスを提言する

Commentary 新連載

その言葉への違和感 菅首相の「ビジョン」に絶句した── 望月優大
【Periscope】
GERMANY ドイツのコロナ対策にアメリカも学べ
SOUTH KOREA 中国出身アイドルに韓国ネット民激怒
UNITED STATES フェイスブックがデマ拡散を放置
GO FIGURE 中国と仲良くしたい? 台湾人の本音
【Commentary】
視点 「トランプ以前」に欧州は戻れない──ヨシュカ・フィッシャー
イギリス 英医療制度の聖域化にもの申す──コリン・ジョイス
米選挙 トランプがごねれば中国が笑う──ミンシン・ペイ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 さよなら、「英雄」コロンブス──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 デジタル人民元を甘く見るな── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 仲の悪い兄弟を仲直りさせたいが
森達也の私的邦画論 エグイけれど窮屈な小津の『東京物語』── 森達也
【World Affairs】
韓国 サムスン領袖の死去で経営大転換の予感
【Features】
北欧 世界がスウェーデンに抱く虚像
研究 科学は「Qアノン」の偽情報を止められるか
【Life/Style】
Music NZ+ヒップホップ+ BTS×TikTok
Drama 「パリ版SATC」は視聴者をだます
Movies トランプ時代に響く「正論」の古さと新しさ
Women 働く母親に送る失敗のススメ
Architecture 怪物たちを歴史的建造物に訪ねて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 自然を生きる動物たちの輝きを捉える
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 周来友── 日本で考える、日米関係の不思議

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 6

    日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 9

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 2

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 7

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 8

    アマゾン従業員用のマインドフルネス設備「AmaZen」…

  • 9

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 2

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中