Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.11. 3号(10/27発売)

特集:ドイツ妄信の罠

2020年11月 3日号(10/27発売)

Cover Story

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

日独関係 したたかなドイツに片思いする日本
歴史問題 日本とドイツ、2つの戦後
和解 謝罪よりむしろ歴史の真実を語れ
視点 模範国家ドイツという幻想
提言 これからの日独関係を考える

トランプを殺す福音派の造反

米大統領選 「岩盤層」白人支持者の間でBLM運動に賛成する動きが始まった
【Periscope】
UNITED STATES 日米豪印の「クアッド」に走る亀裂
BOLIVIA モラレスなきモラレス路線がボリビアで復活
CHINA 中国の極超音速ミサイルの標的は?
GO FIGURE トランプの再選を占う歴代大統領の支持率
【Commentary】
イスラム マクロンvsイスラム分離主義──飯山 陽
アメリカ 「第3の建国」がアメリカに迫る──河東哲夫
コロナ 家籠もりと古代詩とコヨーテの日々──グレン・カール
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「トランプ感染」中国人の本音──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 隠れ失業者問題に必要な「公助」── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える ピンクが大好きな娘に夫はイライラ
たかがジョーク、されどジョーク 菅新総理の空手への「反対意見」── 早坂隆
【World Affairs】
ネット規制 グーグル提訴はまだ序の口だ
【Features】
米社会 BLMの発火点、知られざるその後
【Life/Style】
Documentary 地球の「最後の氷」が解けないうちに
Art 1本12万ドルのバナナ(鑑定書付き)
Comedy 混迷の時代にジョークができること
Work コロナ時代に成果を出すリーダーの条件
Hotels 大自然の透明ホテルに至高の一夜を求めて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 分断の街NYの分断された視点
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 西村カリン── 報道は推定無罪の原則を守るべき

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中