Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2020.9. 1号(8/25発売)

特集:コロナと脱グローバル化 11の予測

2020年9月 1日号(8/25発売)

Cover Story

人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか──11人の識者が占うグローバリズムの未来

近未来 20XX年:アメリカ鎖国── グレン・カール
地政学 グローバル化は終わりを迎えるのか── 細谷雄一
世界経済 世界は「後退」の局面に入った── ウィリアム・ジェーンウェイ
新自由主義 弱肉強食が去り「社会」が甦る── 河野真太郎
サプライチェーン 物流が停滞した時採るべき起死回生策── ダリア・マリン
エネルギー パンデミックが石油構造を大転換させる── エドゥアルド・カンパネラ
観光業 それでも人は旅をやめない── デービッド・アトキンソン
中国企業 対中制裁を生き抜く強者ファーウェイ── 高口康太
語学 世界が共有する「英語が必要」という幻想── 寺沢拓敬
都市 生き延びるために街に必要なもの── サスキア・サッセン
イスラム過激派 国境を越えて攻勢を強めるテロ組織とあの国── 飯山 陽
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【Periscope】
THAILAND 「禁断」の王室批判で76年の惨劇再び?
RUSSIA ロシア反体制派リーダーの毒物攻撃史
UNITED STATES トランプ元側近バノンの詐欺手法は
GO FIGURE 北朝鮮が抱えるハッカー集団の正体
【Commentary】
米中関係 中国との「離縁」で損するのは──ミンシン・ペイ
歴史 強者にだけ謝罪する日本の偽善──楊海英
米政治 トランプ逆転の可能性は十分ある──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 トランプがすがる白人主婦幻想──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 コロナでEUの理想が実現する ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 黒人の子供のママは黒人じゃないとだめ?
本好きに捧げるホメない書評 「わかりやすさ」との戦い方──石戸諭
森達也の私的邦画論 援交描いた庵野作品のラストの輝き── 森達也
【World Affairs】
ベラルーシ 「ルカシェンコ後」の空白を埋めるのは
日米関係 武器調達で主張を始めた日本
米大統領選 民主党が掲げた共和党の理想
【Features】
中国 在日ウイグル人をスパイ勧誘する手口
【Life/Style】
Movies 『オフィシャル・シークレット』とイラク戦争の嘘
Movies ジョナ・ヒルが学んだ映画作りの魔術
Kids ご褒美で子供は釣れません
Creator TikTokに君臨する「キング」の実像
Music エンジェル・オルセンのギターと歌声がネットに響く
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 周 来友 ── 世界に誇るべきウナギのかば焼き
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中