Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.9. 8号(9/ 1発売)

特集:イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界

2020年9月 8日号(9/ 1発売)

Cover Story

主導国なき「Gゼロ」を予見した国際政治学者がコロナ後の世界秩序を読み解く

国際政治 「コロナ後」「Gゼロ」の新世界秩序

安倍が残した日本のレガシー

電撃辞任 安全保障能力の強化に腐心したリーダーとしての安倍の「知恵」

「トランプ党」の危うい政治ショー

米大統領選 「愚策」を褒めたたえる共和党が目をつぶる不都合な真実
【Periscope】
JAPAN 日本が安倍を懐かしく思うとき
SWEDEN 感染再拡大でもスウェーデンはマスク不信
IRAN イランが外国製SNSを全面禁止する狙い
GO FIGURE 共和党支持者の脳内アメリカは絶好調
【Commentary】
分析 ベラルーシはウクライナにならない──河東哲夫
米社会 トランプの恐怖戦術に騙されるな──グレン・カール
トルコ 1ドル札でテロリスト認定する国──飯山 陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 習近平節約令の意外な深刻さ──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 コロナ不況に「財投」で打ち勝つ ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 義母の怖い本性を息子に伝えたい…
たかがジョーク、されどジョーク 尖閣諸島で香港デモをしよう── 早坂隆
【World Affairs】
中東 シリアがコロナを隠す訳
北朝鮮 新たな女帝と4人組の運命
【Features】
映画 検閲大国チャイナvsハリウッド
【Life/Style】
Documentary ゲーム史のイージーな追憶番組
Movies ラストベルトで育った若者のリアル
Television BLMのうねりは警察ドラマも変える
Art タトゥーのデザインは誰のもの?
Heritage 東欧のダークな過去を訪れて
Music アイドルとラジオ局の不思議な関係
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 母なるナイル、スーダンの葛藤
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 李娜兀 ── コロナ対策に100%の正解はない

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 4

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 5

    ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリ…

  • 6

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 7

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 6

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 7

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 8

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!