Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2020.6.16号(6/ 9発売)

特集:米中新冷戦2020

2020年6月16日号(6/ 9発売)

Cover Story

新型コロナと香港で我慢の限界を超え、デカップリングへ向かう米中の危うい未来

国際秩序 もう引き返せない米中冷戦の行方
米経済 中国からアメリカに工場は戻らない
デカップリング 米中分断が生む頭痛のタネ
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

デモに火を付けた黒人の苦境

アメリカ 全米の抗議デモはなぜここまで拡大したのか

「天安門」にアメリカが学ぶとき

オピニオン 国家権力の血の弾圧は独裁国家以外でも起きる
【Periscope】
UNITED STATES ファウチが語るワクチン開発の道筋
ITALY 入国制限解除を急ぐイタリアの懐事情
INDIA 2カ月遅れのコロナ大流行がインドを襲う
GO FIGURE オーストラリアもついに不況に突入
【Commentary】
英国 ロックダウンで不健康化が拡大する── コリン・ジョイス
分析 「コロナ優等生」韓国の病巣は経済── 李鍾和
米政治 アンティファの脅威は本当か── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 トランプ大統領は番犬が邪魔── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 「8割経済」の業種別業績予想 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える ママもパパくらい頭がいいんだから
あなたの人生 聞かせてください なぜ人は戦争の記憶を語るのか── 久保田智子
森達也の私的邦画論 『遠近を抱えた女』の焼く行為は侮蔑か昇華か── 森達也
【World Affairs】
中英関係 香港人は英国民になれるのか
【Features】
インド コロナに続く難敵はバッタの大群
新構想 トラベル・バブルに死角あり
【Life/Style】
Gift ストレス緩和にCBDはいかが
Tourism ゴリラとゴリラ観光がコロナ禍でピンチ
Documentary 少女を食い物にした男エプスタイン
Music The1975がまたまた進化し始めた
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 家族の誰かと似てるってどんな気分?
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 周来友──黒川さん、賭け「麻将」はよくないよ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中