Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2020.6.23号(6/16発売)

特集:コロナ時代の個人情報

2020年6月23日号(6/16発売)

Cover Story

第2波を防ぐためスマホで感染監視──命とプライバシーはどちらが大事?

新型コロナ スマホで感染監視 あなたならどうする
インタビュー 深刻な「第2波」を防ぐには接触追跡が不可欠
視点 「野球に例えれば今はまだ2回の表」
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

人権軽視大国アメリカよ、変われ

米社会 抗議デモが求めているのはアメリカの「例外」が終わること
【Periscope】
NORTH KOREA 韓国を再び「敵」呼ばわりした真意
BRITAIN 「植民地帝国」イギリスの黒人問題
RUSSIA 任期延長を目指すプーチンの秘策は
GO FIGURE コロナより手ごわいワクチンへの不信感
【Commentary】
米政治 反差別デモが「世界の春」になる日──河東哲夫
大統領選 窮地のトランプが隠し持つ禁じ手──グレン・カール
新興国 「予告された経済的悲劇」を防げ──アンドレス・ベラスコ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 忽然と消えた中国の露店ブーム──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 給付金事業「中抜き」の経済損失── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 11歳が車を運転、親は見て見ぬふり
ニューヨークの音が聴こえる 僕のジャズには(実は)歌詞がある── 大江千里
【World Affairs】
オピニオン 破壊はデモを台無しにする
反論 「黒人の命も大事」だが警官の命も大事だ
提言 小国NZが示した理想の統治
米軍基地 独駐留米軍を減らすトランプの愚行
東南アジア 民主活動家たちはどこへ消えたのか
【Features】
アメリカ 新型コロナが変えるニュースの在り方
BY THE NUMBERS  コロナショックは歴史的不況になるか
【Life/Style】
Parenting ハッピーな人生は中学生時代で決まる
Movies 男には分かるまい、この『若草物語』は最高だ
Music ガガ様の最新アルバムを全曲採点
Health コロナ禍で泳ぎに行っても大丈夫?
Art ターナー賞中止は苦境の芸術家を救うか
Humor トランプを笑うならマジメ顔で
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 優雅なホテルの優雅でない日常
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 李娜兀── 外国人支援、もっとアピールしたら?
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中