Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2020.6. 9号(6/ 2発売)

特集:検証 日本モデル

2020年6月 9日号(6/ 2発売)

Cover Story

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

特別寄稿 「8割おじさん」の数理モデル
緊急対談 日本のコロナ対策は過剰だったか
リスク管理 行動を変えるのは「説得」より「納得」

習近平の危険な香港遊戯

中国 自由と民主化運動と一国二制度は風前の灯火なのか

元慰安婦の家で何があった

韓国 寄付金横領、高齢者虐待......「ナヌムの家」職員が内部告発
【Periscope】
UNITED STATES トランプがWHOに絶縁状を
SOUTH KOREA 韓国総選挙にデジタル不正疑惑?
INDIA 中印の国境対立再燃に3つの要因
GO FIGURE バイデンがさらに優位に
【Commentary】
イスラム ラマダンとコロナと過激派と──飯山陽
日本政治 コロナを契機に日本を大掃除──河東哲夫
アメリカ 続・元CIA工作員のコロナな日常──グレン・カール
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「習近平そっくりさん」の運命は──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 日本は「豊かな小国」になる勇気を ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 夫に10万ドルの借金があった!
たかがジョーク、されどジョーク 葬列に頭を垂れた釣り人の正体── 早坂隆
【World Affairs】
ロックダウン イギリス的な首相側近の封鎖破り騒動
日本 デーブが斬る『テラハ』事件の深層
【Features】
分析 就任20年、プーチンはロシアをどう変えた
テクノロジー ポストコロナ時代のアマゾン無人戦略
【Life/Style】
Movies メル・ギブソンが狙う復活の時
Drama 新版『スノーピアサー』に早々の黄信号
Health 忘れ去られたコロナのメンタルヘルス危機
Celebrity 伝説の霊長類学者が語るコロナと自然保護
Celebrity 英キャサリン妃の素敵な「写真力」
Nature 空想の旅に出よう! 驚異の絶景10選
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 小さな家で闘ったコロナの記憶
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 西村カリン ── 「世帯主」をそろそろやめては?

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史からそれは明らか

  • 3

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

  • 4

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    フィリピン首都マニラ都市圏が再ロックダウン 新規…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 8

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 9

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!