Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2020.6. 2号(5/26発売)

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020年6月 2日号(5/26発売)

Cover Story

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

ミクロ経済学 ポストコロナを行動経済学で生き抜こう
オークション理論 「損切りの科学」で危機を乗り越える
ゲーム理論 マスク問題が示す為政者の手腕
価格 リアルタイム変動価格 勝者は店か消費者か
家計管理 コロナ時代の生活防衛術は
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

暴かれた慰安婦団体の深い闇

韓国社会 元慰安婦が告発する神聖化された組織の構造腐敗
【Periscope】
HONG KONG 中国全人代が香港の自由にとどめを刺す
RUSSIA ロシアの穀物輸出制限に野心が潜む
MEXICO 強制送還された子供たちを待つコロナ差別
GO FIGURE 人種別に比較したコロナの死亡率は?
【Commentary】
視点 コロナで民主主義は負けていない ──シュロモ・ベンアミ
アジア 2つの「中国語政権」に迫る転機 ── 楊海英
米政治 トランプがオバマを攻撃する訳 ──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 コロナ禍の日常は黒人の日常 ──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 コロナで「カイシャ」は変われるか ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える イクメンパパでも娘は大のママっ子
本好きに捧げる ホメない書評 売れっ子作家は雲の上で自粛中 ── 石戸諭
森達也の私的邦画論 武士道と死刑と『花よりもなほ』── 森達也
【World Affairs】
北朝鮮 民間経済を圧迫する独裁者の国債
中国 WHO演説に秘めた習近平の真意
国際組織 中国がWHOに送り込んだ有能宣伝マン
欧州 コロナで苦しんだイタリアのEU恨み節
【Features】
南アジア インドを腐敗のくびきから解放せよ
【Life/Style】
Sports バスケの神様はやっぱりこの男
Drama 38度線を越えた『愛の不時着』
Books 主人公はプラスサイズのインフルエンサー
Environment 人間の限界に近づく温暖化
Internet 中国共産党の新兵器はユーチューバー
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power コロナ最前線の街 NYの新たな日常生活
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 石野シャハラン ── 日本人が知らない「日本製」への信頼
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中