Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.11.14号(11/ 7発売)

特集:トランプのアジア戦略

2017年11月14日号(11/ 7発売)

Cover Story

アジアを初訪問するトランプ大統領── アメリカは台頭する中国にどう向き合うのか?

米外交 トランプの新戦略はアジアを変えるか
日米関係 トランプお友達作戦で安倍さん大丈夫?
アジア 日米同盟の不確かな未来
視点 対中戦略を改める好機を生かせ

米企業でセクハラが続く訳

米社会 ハリウッドだけじゃない女性蔑視の文化と法律の不備
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES NYテロとISISの微妙な関係
UNITED STATES FRB議長交代の不安要素
RUSSIA シリア内戦でロシア軍の宇宙進出が加速
ITALY ベルルスコーニに爆破関与疑惑再び
CAMBODIA 中国に強制送還される台湾人犯罪者
IRAQ 住民投票で独立が遠のいたクルド
TERROR 劇場型テロで広がる「テロ疲れ」
KENYA 泥沼ケニア大統領選は再選挙でも暴動が
SECESSION 独立運動が世界を包囲する
Asia
SOUTH KOREA 中韓雪解けの高い代償
CHINA 党大会が終わっても中国ネットは冬の時代
U.S. Affairs
米国民はロシア疑惑に関心なし?
米共和党の金持ち減税プラン
【FEATURES & ANALYSIS】
ロシアゲート 捜査当局が仕込んだ隠し玉の破壊力
スペイン カタルーニャ「殉教戦略」の嘘
米社会 罰金地獄で運転ができない
東南アジア 大河に伸びる中国の触手
環境 野生動物が消える野生王国インド
テクノロジー 戦争被害者とVRでリアルに対話
科学 絶滅したマンモスがクローンで蘇る 【LIFE/STYLE】
Parenting イクメン夫を見分ける6つの条件
Design ハイヒールは性差別? エモジ論争の不毛
Movies 「動く油絵」でゴッホの死に迫る異色作
Movies トム・フォードが開いた新境地
Movies リアルな一夜の逃亡劇『グッド・タイム』
Travel ノートPCが預け入れ禁止に?
Music 「ノエルに謝ることなんて何もない」 【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 外国人のための共産党大会講座
Picture Power 終わらない紛争 カシミールの苛酷

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    韓国サッカーKリーグ客席にラブドール 問題は人形の…

  • 9

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!